へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処方箋の4倍を調剤して男性死なす 警視庁、薬剤師2人を書種送検 症状 病気

処方箋の4倍を調剤して男性死なす 警視庁、薬剤師2人を書種送検 東京都足立区の「東京医療第一薬局」で平成20年8月、心臓病の男性=当場合(82)=に調剤した抗凝血薬「ワーファリン」の量を誤り、男性を死亡させたとして警視庁捜査1課は18昼間の場合間、業務上過失致死の疑いで、同薬局の薬剤師2人を書類送検した。「厳重処分を追求する」との意見を付けた。

 同課によると、送検されたのは、薬を調剤した女性薬剤師(37)と監査担当だった男性薬局長(59)。女性は「処方箋(せん)の数値を見間違えた」、男性は「大丈連れ合いだろうという慣れがあった」といずれも容疑を認入れいる。

 送検容疑は20年8月13昼間の場合間、男性に抗凝血薬を処方した際、処方箋との照合を怠るなどして、誤って本来の4倍の錠剤を調剤。9月9昼間の場合間に男性を出血性衝撃による心肺機能不全で死亡させたとしている。

 同課によると、薬剤師は処方箋を見誤り、調剤量を本来の1?5ミリグラムではなく6ミリグラムと認識しており、薬局長も確認を怠った。

 抗凝血薬は心臓病病人などに処方されるが、過剰服用で出血を引き起こすリスクもあるという。


はさみで小指の骨切断 チューブ交換場合に手落ち
ワクチン接類で看護師13%が手落ちやヒヤリ…
体内に25年間ガーゼ放置 今年1月に摘出 長崎市市民病院で
“殺人ナース”が抱えたフラストレーション 白い巨塔で一体何が…
異入る血液型輸血後に死亡 阪大病院
医療費削減の“特効薬” ジェネリック医薬気品

処方箋の4倍を調剤して男性死なす 警視庁、薬剤師2人を書種送検 [??:内容2]

処方箋の4倍を調剤して男性死なす 警視庁、薬剤師2人を書種送検 [??:内容3]

処方箋の4倍を調剤して男性死なす 警視庁、薬剤師2人を書種送検 [??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。