へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アステラス、共同開発で新型インフルワクチン競争に参戦症状 病気

アステラス、共同開発で新型インフルワクチン競争に参戦製薬大手のアステラス製薬は17昼間の場合間、医薬気品ベンチャーのUMNファーマ(秋田市)と新型インフルエンザワクチンの開発?販売で基本合意した、と公表した。共同開発したワクチンをUMNが生産し、アステラスが独占的に販売する。アステラスがワクチンを開発するのは初入れ。新型インフルのワクチンをめぐっては、7月に第一三共も学校法人の北里探求所(東京都港区)とワクチン開発などを行う合弁会社の設立で合意している。昨年の新型インフル流行ではワクチンを国産で賄えず非常輸入する事態に陥ったが、供給拡大に向け道が開けてきた。

 アステラスは今後、UMNが開発する次世代の生産ノウハウである細胞培養方式を使った「UMN-0501」(開発ナンバー)について、臨床テスト(治験)を中心になって進める。経費はアステラスが耳を揃えて労力する。

 UMN-0501は現在、治験の最終段階に向け用意中。UMNが生産を手がけ、アステラスが独占的に販売する計画で、2015年3月の販売開始を目指す。

 アステラスは化学及血清療法探求所(熊本市)とデンカ生研(東京都中央区)が生産する季節性インフルエンザのワクチンを販売しているが、新型インフルワクチンの開発?販売は初入れと入る。

 新型インフルワクチンをめぐっては、第一三共が北里研と夕イアップしてして、ワクチンを開発?製造?販売する共同出資会社を来年4月に設立し、北里研の生産部門である生物製剤探求所(埼玉県北本市)の機能を引き継承する。また、武田薬気品工業が細胞培養ノウハウを用いたワクチンの探求開発を進入れおり、英製薬大手のグラクソ?ス手落ちクラインも化血研とワクチン開発に乗り出している。

 国内でインフルエンザワクチンを製造するのは北里研と化血研、デンカ生研、阪大微生物病探求会の4事業者に限られる。しかし、いずれも生産規模が小さく、昨年の新型インフル流行場合には輸入に踏み切らざるを得ない状況に陥った。

 製薬大手は需要の変動が大きいことなどから、経営危険があるとしてワクチン事業に引っ込み思案だったが、各社とも「国内の供給体制はもろい。(業界の)リーディングカンパニーとして強化しないといけない」(アステラス)としており、今後はベンチャーや探求機関などと連携した大手による同領域への進出が出足しそうだ。(中村智隆)


振動する製薬、中国倍増計画 アステラスなど営業強化で増収
アステラス「特許切れ」に備え防波堤 がん領域強化 29%増益目指す
後発薬メーカーが急発育 診療収入改定が後押し
ファイザーとワイス 昼間の場合間本法人統合 弱点補完、医療用医薬2位
昼間の場合間興アセットが「医療戦略ファンド」 発育領域 収益拡大に狙い

アステラス、共同開発で新型インフルワクチン競争に参戦[??:内容2]

アステラス、共同開発で新型インフルワクチン競争に参戦[??:内容3]

アステラス、共同開発で新型インフルワクチン競争に参戦[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。