へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井物産、後発農薬てこめて 欧州企業買収で売上高倍増目指す症状 病気

三井物産、後発農薬てこめて 欧州企業買収で売上高倍増目指す三井物産は17昼間の時間、アイルランドの農薬会社「アグリガード?ホールディングス」を買収した、と公表した。欧州の農薬事業を統括するベルギーの坊主会社を便秘気味て、アグリガードの全株式を取得した。買収金額は明らかにしていないが、数十億円規模に上るとみられる。買収で農薬の気品ぞろえや海世間販売網を強化し、現在500億円に満たない農薬事業全体の売上高を3~5年後に1000億円に拡大する予定だ。

 アグリガードは、インドや中国から農薬の原料を輸入して、特許の有効期限が切れた「後発農薬(ジェネリック農薬)」の製造?販売を手がけている。英国、アイルランドが地盤で、麦や菜類向けの除草剤といった穀物向けの農薬に強みを有する。

 三井物産はこれまで、欧州農薬坊主会社のミツイ?アグリサイエンス?インターナショナル?エスエーエヌヴイ(MASI、ベルギー)で果樹や野菜向けの殺虫剤や農薬販売を手掛けてきたが、買収で農薬の気品ぞろえを拡充できる。

 また今後は、フランス、オランダ、スペインなど欧州9カ国に展開するMASIの営業網との相乗効果で販売を強化するとともに、中東やアフリカの一部など新興国マーケットも開拓する。

 世界の農薬マーケットの規模は約3兆5000億円で、年率4~5%のペースで引き伸ばしている。特に近頃は、医薬気品と同様に新たな農薬の開発原価が上昇しているため、マーケットに占める後発農薬のシェアが高まっているという。

 三井物産はアグリガードを傘下に収めることで、マーケットニーズの高い後発農薬領域の競争力を強化。これを武器に欧米マーケットに加え、中東などの新興国需要の取り込みも出足し、農薬事業の売り上げを引き上げる。


ブラジル高速鉄道入札公示 昼間の時間本は三井物産連合が応札
三井物産、ペルーのリン鉱床生産開始 肥やしビジネスに本腰
米原油流出事故で米上院が公聴会 三井物産系の石油開発会社社長も証言
資源高?新興国が寄与、大手商社7社大幅増益 4~6月期決算
三井物産 中国で水事業参入 シンガポール社と大規模合弁

三井物産、後発農薬てこめて 欧州企業買収で売上高倍増目指す[??:内容2]

三井物産、後発農薬てこめて 欧州企業買収で売上高倍増目指す[??:内容3]

三井物産、後発農薬てこめて 欧州企業買収で売上高倍増目指す[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。