へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国社会も“早熟症”…巨大化する経済と食の安全症状 病気

中国社会も“早熟症”…巨大化する経済と食の安全中国でまたもや粉ミルクの異常が中国で加熱している。赤ん坊の中で早熟症になった例が近頃相次いで発覚し、病人の赤ん坊が聖元栄養国際群れ製造の粉ミルクを飲んでいた、と一部中国紙で報道された。女性ホルモンの一類のエストラジオールが成人女性に勝るとも劣らない量が検出された赤ん坊もいる、という。この聖元群れはナスダック上場の国際ブランド企業。中国衛生省は先だって、調査の結果として早熟症と聖元ミルクとの因果関係を否定したが、人々の不信はぬぐえない。昼間の時間本で中毒事件を引き起こした「毒ギョーザ事件」のように、当初の当局公表がすっかり間違っていたり、あるいは責任転嫁をしたりという「犯罪暦」があるからだ。それに2年前、30万人近い赤ん坊に健康打撃を引き起こした三鹿群れのメラミン添加粉ミルク事件の衝撃もまだ尾をひいている。

 聖元群れとの因果関係は別にしても、中国で早熟症が増加傾向にあるのは本当らしい。17昼間の時間の国営新華社通信は早熟症が増加傾向にあると警鐘を鳴らす健康記事をネット上で流した。上海の「早熟症」世間来に病人が詰めかけている表情を描写し、栄養過剰摂取などが元でではないかという医師の指摘を紹介している。広東省の金羊ネットの記事は、2006年に深●(土へんに川)市が行った早熟症調査で深●市の早熟症の発症率が女児の5?08%、男児の0?39%だと紹介したうえで、臨床例の3割は飲食が関係しているという専門自宅の意見を引用した。

 広東や上海など比較的豊かな余地では、坊主供の発育を願って上等な栄養補助食気品や漢方薬を食べさせるが、それに発育ホルモンなどが添加されていることもあるという。怪しげな粉ミルクがマーケットに跋扈(ばっこ)するバックには、中国消費者が母乳より粉ミルクの方が栄養豊富だと信じ、豊かに入るにつれ粉ミルクの消費が急増したが、一方でその消費を拠り所る乳業システムの未整備が指摘されている。

 「民以食為天」という言葉があり、なおかつ一人っ坊主政策の中国で、人々が坊主供に栄養あるものを食べさせ大きく育成することに情熱を傾けるように入るのは当たり前だ。だが、大きくなればよい、というものではなく、大事なのは均衡であり、過程であり、それを見守ることのできるの透明性だろう。それは人の坊主だけでなく国自宅にも当てはまる。

 中国のGDPが昼間の時間本を超えたというニュースがさっそく中国でも大きく報じられた。しかしこれほど経済規模が巨大化しても、食の安全異常が繰り返し発生し、当局の公式公表が大衆に心細くないですと安全を約束できない社会は健全な発育を遂げたとはいえるのだろうか。中国自身が早熟症で悩んでいるような気がする。(執筆者:三河さつき)


「性早熟」異常、粉ミルクと一番関係…中国政府が検査結果を公表
1歳の女児に生理か、性早熟で食の安全に募る不信感-北京
中国製食気品「栄養成分は不足」、「大腸菌は含有」…政府公表
ギョーザ、粉ミルク:中国、食気品汚染でずさんな行政対応
「真のニセGDP」と「ニセの真GDP」-中国の本当の現実

中国社会も“早熟症”…巨大化する経済と食の安全[??:内容2]

中国社会も“早熟症”…巨大化する経済と食の安全[??:内容3]

中国社会も“早熟症”…巨大化する経済と食の安全[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。