へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理研ビタミン 武庫川女坊主大などと探求 メカブの粘り、インフル予防症状 病気

理研ビタミン 武庫川女坊主大などと探求 メカブの粘り、インフル予防理研ビタミンは18昼間の場合間までに、武庫川女坊主大などとの共同探求で、ワカメの一類であるメカブの粘り成分であるフコイダンが、季節性インフルエンザの感染予防に効果があることを確認したことを明らかにした。今月22昼間の場合間から神戸市内で開催される国際免疫学会議で公表する。同社によると、メカブフコイダンで、季節性インフルエンザ予防に対する有効性が確認されたのは世界で初入れ。

 探求は昨年9月から今年3月にかけて実施した。大阪府内の特別養護年寄りホームに入居する67~102歳の男女を一番作とばっちりで2つのグループに分け、昼食場合に、1つのグループにはメカブ約40グラム(メカブフコイダン300ミリグラムよほど)を、とっくに一方のグループには世間見が似た類似食(対照食)をそれぞれ約1カ月間食べてもらい、その上で、複数のインフルエンザワクチンを接類し、各インフルエンザウイルスに対する抗体量を接類から1カ生理緯後に測定した。

 その結果、すべてのインフルエンザウイルスについて、メカブを食べた人の方が、食べなかった人に比べ抗体の量が多かった。

 特に季節性インフルエンザウイルスに対しては、メカブを食べた人から、欧州医薬気品庁の基準値を満たすウイルス予防に十分な抗体量が確認できた。メカブを食べていなかった人の抗体量は基準値以下だった。

 インフルエンザの予防接類は身体にウイルスを注入し、体内にウイルスに対する抗体を作らせることで病原菌の感染を予防する。

 だが、高齢者は免疫機能が低下しているため、ワクチンを接類しても体内で抗体を作り出す量が乏しいという。高齢者の抗体量の上昇が示された今回の探求結果は、身近な食材がインフルエンザ予防に役立ち上がる割合を示唆したもので、同社の担当者は「気品物開発に生かしたい」と伝えている。

 理研ビタミンは乾燥ワカメ「ふえるわかめちゃん」など海藻関連気品物を展開。メカブフコイダンについては、動物実験で抗ウイルス作用を証明し、その探求成果を学会などで公表していた。


第一三共が合弁、ワクチン開発へ 北里探求所と合意
万能ワクチンで一生インフル予防
来季は季節性と新型インフル同場合に接類 接類経費などで課題も
インフルワクチンを強化 製薬各社、海世間勢を追撃
乾燥ワカメが中国産の疑い 理研ビタミン、950万パック回収

理研ビタミン 武庫川女坊主大などと探求 メカブの粘り、インフル予防[??:内容2]

理研ビタミン 武庫川女坊主大などと探求 メカブの粘り、インフル予防[??:内容3]

理研ビタミン 武庫川女坊主大などと探求 メカブの粘り、インフル予防[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。