へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1種販売、法改正後初のプラス OTC医薬気品、なお遠い回復 症状 病気

第1種販売、法改正後初のプラス OTC医薬気品、なお遠い回復 医師の処方がいらないOTC医薬気品(一般用医薬気品)のうち、危険(副作用の割合)が高い第1種医薬気品の6月の販売額が、昨年6月の改正薬事法施行以来、初入れ前年実績を上回ったことが18昼間の時間、分かった。改正法施行に伴い販売手立てが変わったことで前年割れが引き続いていたが、減少傾向に歯止めがかかった格好。無料一昨年の8割程度の低レべルで、本格回復とはいえない状況だ。

 業界集団である昼間の時間本OTC医薬気品協会と民間調査会社のインテージが調査した。第1種医薬気品の6月の販売額は、前年同月比1.8%増となった。

 昨年6月に同17.5%減と急減してから今年5月まで12カ月連続で前年実績を下回っていたが、ついにプラスに転じた。無料協会は「昨年は改正薬事法が施行され、販売が大幅に低下していたためで、単純に回復基調とは断定できない」と用心深い姿勢を崩さない。

 OTC医薬気品は昨年6月の改正薬事法の施行で、危険に応じて第1~3種に分種された。これに伴い、第1種の販売には薬剤師の説明が不可欠になったが、薬剤師不足で取扱店数が減少するなどした。消費者は気品物に触れるチャンスが少なくなり、販売低下が課題となっている。

 危険の低い第2、3については、薬剤師や知事が同意する「登録販売者」を設置すればコンビニやスーパーなどでも販売できるようになった。しかし、こちらも期待されていたほどには取扱店数が伸びていない。6月の販売額は前年同月比2.5%減で、9カ月連続で前年割れと厳格状況が引き続いている。

 OTC医薬気品全体でみると、6月の販売店率は、スーパーが前年同月から1.1ポイント増えて8.6%となったものの、「コンビニやホームセンターの販売店率に変化はみられなかった」(同協会)という。販売額については「景気低迷なども手伝って、前年同月に比べて2~3%減ちょっぴりた」とみている。

 無料、OTC医薬気品は医療費抑制の観点から期待が集まっており、自分で健康を管理する「セルフメディケーション」の機運の高まりもあって、今後はマーケットの拡大が見込まれる。

 OTC医薬気品は処方箋(せん)が不可欠ないだけに、販売動きは消費者の決断に左右される。OTC医薬気品各社には消費者の心をつかむ製気品や販売戦略が求められている。(中村智隆)


第3部 ジェネリック始動(1)医療費削減の“特効薬” 根強い医療関係者の抵抗
後発薬メーカーが急発育 診療収入改定が後押し
後発薬メーカー、国内普及へ販売攻勢本格化
アステラス「特許切れ」に備え防波堤 がん領域強化 29%増益目指す
特許失効、収益の切れ目 製薬「2010年異常」足かせ

第1種販売、法改正後初のプラス OTC医薬気品、なお遠い回復 [??:内容2]

第1種販売、法改正後初のプラス OTC医薬気品、なお遠い回復 [??:内容3]

第1種販売、法改正後初のプラス OTC医薬気品、なお遠い回復 [??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。