へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温情釈放のリビア人元将校、余命3カ月が1年間生存のなぜ?症状 病気

温情釈放のリビア人元将校、余命3カ月が1年間生存のなぜ?1988年の米パンナム機爆破事件で終身刑に服していたリビア人元将校が余命3カ月と診察され、英スコットランド司法当局の「慈悲」でリビアに帰ってきたして20昼間の場合間で1年。元将校が余命を超えて祖国で生活ていることに対し、当場合の診察が適切だったのかどうかを疑わしい視する見方も出ている。

 スコットランド地元テレビ局は今月放送したドキュメンタリー順番組で、末期前立腺がんと診察されていたリビア人元将校、アブデル?バセト?アルメグラヒ元受刑者(58)が、釈放の当否を決める当局の診察の前に、それまで浴びていた化学治しています薬投与なパンチべての治していますを拒絶したため、症状が進行していたと報じた。

 釈放直前の元受刑者の顔色は悪く、息も絶え絶えのコンディションで人造呼吸器を装着。X線や血液検査の結果、余命3カ月と診察された。

 化学治しています薬はがんを根治はできないが、余命を延期することはできる。元受刑者が治していますを続けていれば症状の進行を阻止することができ、元受刑者は釈放されずに刑務所の医療施設に留め置かれていた割合が極入れ高いという。

 スコットランド司法当局によると、余命が短いことを事情に温情措置で釈放された受刑者は過去10年間で26人にのぼり、7人が申請を却下された。26人中11人は2週間内に死んだ。478昼間の場合間を最長にアルメグラヒ元受刑者を含め4人が半年以上生存したが、現在も生存しているのは同元受刑者だけだという。

 スコットランド司法当局の責任者が「診察が適当だったかどうか進んで答える専門自宅は1人もいない」と発言したことから、180人の犠牲者を出した米国の上院世間交委員会の民主党議員は今月10昼間の場合間、元受刑者のカルテなど医療情報の開示を注文。スコットランド側は医師の守秘義務などをタテに開示を拒絶している。


韓国世間交官を追放 リビアと断交寸前
韓国大使館職員を追放 リビア「安全保障に脅威」
パンナム機爆破犯 英BP 恩赦肝いり疑念浮上 米英首脳会談に陰気影
BPがパンナム機爆破実行犯恩赦に圧力? リビア利権絡み米で疑念再燃
リビア派遣のガザ支援船、エジプトに到着 混乱を回避
医療費削減の“特効薬” ジェネリック医薬気品

温情釈放のリビア人元将校、余命3カ月が1年間生存のなぜ?[??:内容2]

温情釈放のリビア人元将校、余命3カ月が1年間生存のなぜ?[??:内容3]

温情釈放のリビア人元将校、余命3カ月が1年間生存のなぜ?[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。