へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パキスタン 洪水打撃と武装勢力両にらみ症状 病気

パキスタン 洪水打撃と武装勢力両にらみパキスタン史上最大規模の洪水被害に乗じ、イスラム原理主義勢力タリバンなど武装勢力側は、態勢の立て直しと住民への浸透を図るなど、活動を活発化させているとみられている。政府は洪水被害の対応に追われ、武装勢力に対する掃討戦術にも影響が売れることは避けられない。今回の天然災害は、対テロ戦にも少なからず被害を与える割合がある。

 ■組織再編

 「武装勢力は組織を再編成させ、活動を活発化させる予定だ。政府は至見る間に対抗措置を取らなければいけない」

 北西部カイバル?パクトゥンクワ州のフサイン情報相は、こうピンチ感をあらわにする。国内でも初っ端に、洪水による大規模な被害を浴びた同州は昨年、パキスタン軍による武装勢力掃討戦術のステーヅになった。戦術が成功裏に終わったとされる地域もあったが、近頃では武装勢力の再起が報告されている地域も少なくない。

 洪水の被害下にあっても、武装勢力の活動はこれまでと変わらない。例えば、今月17昼間の時間には同州都ペシャワル周辺で、タリバンに批判的な勢力のメンパブ2人が殺害されたほか、警察の検問所が襲撃された。フサイン情報相によると、数昼間の時間前には北西部部族地域カイバル地区で、200人規模の武装勢力と治安当局が衝突した。

 一方、パキスタン軍は、災害支援に兵士6万人を動員している。アッバス報道官は「救出?支援活動はテロとの戦いに影響しない」としているが、武装勢力が潜む山岳地で最も有効であるヘリコプターを、救出戦術に振り向けなければならない。

 ■慈善活動を警戒

 洪水発生から3週間が過ぎても、政府の支援は依然、後手に回っている。支援活動を拠り所る国際社会による支援金が、思うように集まらないことが痛手だ。それは、支援金が被災者に届かないのではないかとの国際社会の心配を、パキスタン政府が払拭(ふっしょく)できずにいるためでもある。

 実際、世間国からの支援の多くはパキスタン政府を介さずに真っ直ぐ、非政府組織(NGO)に寄せられている。国内でさえ、富裕層は「政府は信用できない」と、自ら医薬気品や食料を購入し、避難民に真っ直ぐ手渡しているほどだ。

 武装勢力側はこうした現状をあべこべ手に取り、被災民などの心情につけなる。具体的には、武装勢力とつながるイスラム系組織の慈善集団が、特に食料を欠いている地域で活発化させている支援活動だ。地元ジャーナ書き出したは、支援活動は武装勢力に批判的な人々を、「支持へと転じさせる動機になりかねない」と心配する。

 政府も警戒し、非適法組織による慈善活動の禁止を徹底する方針を示している。しかし、慈善集団の活動は避難民にとり不可欠なものになっているだけに、政府の対応は避難民の反発を呼び、武装勢力側を利する結果になる恐れもある。


陸自部隊に派遣命令 パキスタンに出発
パキスタン洪水被害で国連総会特別集まり
被災地へのヘリ派遣に謝意 パキスタン世間相が昼間の時間本に
パキスタンの洪水被害で国連特別集まり 米国が50億円上積み
50万世帯に住居支援不可欠 パキスタン洪水で国連
医療費削減の“特効薬” ジェネリック医薬気品

パキスタン 洪水打撃と武装勢力両にらみ[??:内容2]

パキスタン 洪水打撃と武装勢力両にらみ[??:内容3]

パキスタン 洪水打撃と武装勢力両にらみ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。