へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レブラミドの追加適応を取得―セルジーン症状 病気

レブラミドの追加適応を取得―セルジーンセルジーン社は8月20昼間の時間、多発性骨髄腫治しています薬レブラミドカプセル5mgについて、5順番染色体長腕前部欠失を伴う骨髄異形成症候群(MDS)の追加適応を取得したと公表した。

 同社によるとMDSは、赤血球や白血球などの血液細胞を造る造血幹細胞に問題が生じることで、血液細胞の量が減ちょっぴりたり、血液細胞の形態にも問題が起きたりする疾患で、急性骨髄性白血病に移行することがある。国内では確立した標準的治しています法がなく、輸血による支持療法が治していますの中心となっている。レブラミドは造血幹細胞の5順番染色体の問題を良くすることで、正常な造血幹細胞を増やし、減ちょっぴりた血液細胞を増加させる。
 MDSは男性、高齢者に多く見られ、国内の総病人数は約7100人。このうち5順番染色体長腕前部欠失を伴うMDS病人は130人と推定されている。

 同薬はヒトでの催奇形性の割合が紛れもないことから、胎児への曝露を防止するため、適正管理手順「レブメイト」が定められており、MDS病人への使用の際にも同手順の順守が義務付けられる。


多発性骨髄腫治しています薬レブラミドで「治していますの幅が広がった」
多発性骨髄腫治しています薬レブラミドなどの薬価を決定
多発性骨髄腫治しています薬レブラミドの製造販売承認を取得―セルジーン
多発性骨髄腫治しています薬レブラミドの適正管理手順を同意
サリドマイドの処方期間、最大12週に延長

レブラミドの追加適応を取得―セルジーン[??:内容2]

レブラミドの追加適応を取得―セルジーン[??:内容3]

レブラミドの追加適応を取得―セルジーン[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。