へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リポーター“仲間”梨元さんの死を惜しむ症状 病気

リポーター“仲間”梨元さんの死を惜しむ「恐縮です!」とマイクを突きつける突撃取材で知られた芸能リポーター、梨元勝さんが21昼間の場合間午前5場合19分、肺がんのため東京都内の病院で死去していたことが23昼間の場合間、分かった。65歳だった。

 “ライバル”の芸能リポーターたちも梨元さんの死を節約した。約40年の付き合いがあった石川敏男さん(63)は1カ月前に病室に見舞い、「記者霊魂は最後までなえていなかった」と証言。“不仲説”があった前田忠明さん(69)は「彼は戦友。ライバルと言われてむしろ光栄でした」と話した。

 「今週見舞いに足を運ぶ計画だったのに衝撃です」と石川さん。「がく然とした。オレより若いのに」と前田さん。取材現場で梨元さんと戦ってきたリポーター仲間は声を震わせた。

 石川さんは1972年に取材現場で知り合った梨元さんに誘われ、88年、女性誌編集者からテレビリポーターに転身。「一真剣の人。仕事も私暮らしもきまじめで逆がなかった」と故人の人柄を偲び、「お手洗いに歩いて足を運ぶのもつらそうだったのに、情報収集はしていた」と病院に見舞った際の零れ話を明かした。

 実は今週も見舞う計画だったといい「21昼間の場合間にメールして、ふだんはすぐ連絡が来るのになかったのでおかしいと思っていた…」と声を落とした。

 梨元さんと同様、女性誌記者生まれの前田さんは「テレビの世界では彼が先輩。芸能リポーターの存在を認知させた草分けで、特ダネも絶対多かった。直感と行動力がすごかった」とたたえた。

 2人は“犬猿の仲”といわれたが、「20年くらい前に『仲が悪いようにしていた方が面白いんじゃない』と彼が言い出してね。実際には一緒に飲んだ場合に心臓の薬を見せ合ったりして、仲は良かったんだよ」と“真実”を明らかにし、「同場合代を戦ってきた戦友だ。まだ彼の死を認められないところがある…」と悔しがった。


毎昼間の場合間テレビ、60周年思い出特順番で愛蔵映像
井上公造氏、芸能レポーター霊魂見せたなう
前田忠明氏、アイドルの闘病記を発売
とくだね!おまきさん、初エッセー発売
梨元勝氏が肺がんで入院、TVは電話出演

リポーター“仲間”梨元さんの死を惜しむ[??:内容2]

リポーター“仲間”梨元さんの死を惜しむ[??:内容3]

リポーター“仲間”梨元さんの死を惜しむ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。