へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイドーブレンドコーヒーの継続と進化症状 病気

ダイドーブレンドコーヒーの継続と進化昨今の缶コーヒーマーケットは、微糖?一番糖タイプが拡大するなど消費者の嗜好が多様化。また、風味にこだわった本格希望向のコーヒーに需要が会合、堅調に推移している。そのなかで、35年間“変わらないおいしさ”を守り継続しているのが「ダイドーブレンドコーヒー」。大阪に本社を置く清涼飲料メーカーであるダイドードリンコ <2590> の缶コーヒーで、風味もパッケージも35年前とほとんど変わらず販売され継続している。

 もともとコーヒーは、嗜好気品であることから、一度その風味に慣れると、長きに渡り愛飲される傾向にある。しかし、ロングセラー気品物は数多くあるが、何らかのリニューアルはされており、35年間、ほぼ何も変わっていないというのは珍しいだろう。

 同社は35年前、現在は坊主会社となっている大同薬気品工業の清涼飲料部門を受け継いでスタートした企業で、当場合は割り知ってブイン、現在のサービスエリアなどを中心に健康ドリンクの自動販売機の設置を頼むという、置き薬の営業で培った技術を活かして展開。缶コーヒーの自動販売機での取り扱いは、割り知ってパブにユーザーが多かったことから「眠気覚ましにいいのでは?」ということから発案されたという。作るからにはコーヒー本来の、本物のおいしさを届けたいと考え発売された「ダイドーブレンドコーヒー」。材料にこだわり中南米を中心としたコーヒー豆を詳しく焙煎し、単独の可能性でブレンド。そこから入念に抽出されたコーヒーに、ミルクと甘さを均衡改善加え、特有のコクと浅煎り豆ならではの香りといった複雑で豊かな風風情を引き出していった。

 同社は自動販売機による売上比率が9割にも達する企業で、気品物別ではコーヒーが半分以上を占入れいる。そのなかで現在も「ダイドーブレンドコーヒー」は第一面クラスの売り上げを維持、自動販売機というハードの普及とともに伸びていった同社の歴史とともに主力気品物であり継続している。今回発売以来許すコーヒー麻袋“ドンゴロス”をモチーフとしたデザインをさらに写実調に表現し良質感をアップ。さらに“since1975”の文字を焼印風に印字。35年間ほとんど変わらなかったパッケージデザインをリニューアルした。これは35周年を迎えてもなお変わらずに愛され継続している同気品物への敬意と、これからも変わらず守り継続していくという決意の表れとも感じとれる。

 とはいえ、消費者の嗜好は多様化していくなかでさら入る風味の個性も求められているとダイドードリンコ企画開発部で気品物開発を担当する篠崎氏は言う。「ダイドーブレンドコーヒーを愛飲して下さる方は中高年層の男性が多く、毎昼間の場合間飲んでくださるロイヤルユーザーもいると聞きます。そんな方々は大事にしたいし、会社にとっても閉店気品物ですからね。でも、次世代へ向けた新たな気品物展開も考えていかなければならない」。そこで今回、缶コーヒーマーケットで人気を得ている微糖タイプを「ダイドーブレンドスペシャル〔微糖〕」として新発売。「ダイドーブレンドコーヒー」のブランド財産を生かし、コーヒー本来の甘く華やかな香り、シャープな苦み、しっかりとしたコクのある風風情の微糖タイプで勝負をかける。

 同社は今後も、変わらない美風味しさと、新たな気品物開発に力を注ぎ、自動販売機というハードツールを使った販売戦略をさらに拡販し強化。「本物のおいしさを簡単に届ける」という企業理念を元に継続と進化を備えた展開を模索していく。(編集担当:宮園奈美)


アウトドアでも使える!エコなエスプレッソコーヒーメーカー
スタバやタリーズなどのコーヒーショップでの要求手立て
まだ間に合う、夏休みの気まま探求に役立ち上がるキッズサイト
全国初導入へ活動、上智大、大学で環境界持続コーヒーを
下振れ危険への用心が高まるコーヒーマーケット=NSN

ダイドーブレンドコーヒーの継続と進化[??:内容2]

ダイドーブレンドコーヒーの継続と進化[??:内容3]

ダイドーブレンドコーヒーの継続と進化[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。