へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラクソと武田の糖尿病治しています薬、心臓への危険は同程度=調査症状 病気

グラクソと武田の糖尿病治しています薬、心臓への危険は同程度=調査[シカゴ 24昼間の時間 ロイター] 英製薬グラクソ?ス手落ちクライン<GSK.L>の糖尿病治しています薬「アバンディア」(一般名:マレイン酸ロシグリタゾン)について24昼間の時間、心臓への危険は武田薬気品工業<4502.T>の「アクトス」(一般名:塩酸ピオグリタゾン)と変わらないとのレポートが公表された。

 これまで公表された報告とは異入る内容で、「アバンディア」の安全性をめぐる議論に一石を投じている。

 報告をまとめたのは米保険ウェルポイント<WLP.N>の調査部門ヘルスコアで、「Circulation: Cardiovascular Quality and Outcomes」誌に掲載された。それによると、3万6000人以上の糖尿病病人をターゲットにした調査で、死亡あるいは心臓発作や心不全を起こす危険、双方の危険は、アバンディア、アクトスともに4%程度だった。

 ヘルスコアのデブラ?ワーツ氏は「今回の調査は、最善の糖尿治しています法を決定するために、ロシグリタゾン(アバンディア)とピオグリタゾン(アクトス)に関する新たな情報源を病人とその医師に提供している」と述べた。

 アバンディアはかねてから心臓発作などを起こす危険が指摘されている。米食気品医薬気品局(FDA)も異常視し米国での販売を続けるかどうか検討中。FDAの専門自宅集まりは7月、使用上の用心事項を増やすとの条件を付けた上で米国での販売継続を同意する勧告をまとめた。

 ヘルスコアの調査は、アバンディアかアクトスの使用を申請した保険契約者3万6628人が対象。平均14カ月の治していますおよび治しています後1年半の間に心臓発作や心不全を起こしたり死亡する危険を比較した。

 ヘルスコアのMark Cziraky氏は電話インタビューで「保険契約者をターゲットにした調査で、2類類の薬気品に相違はみられなかった」と述べた。

 調査は安全性を心配したウェルポイントの依頼で実施したという。

 ウェルポイントの広報担当者は、こうした調査はその他の調査と合発言させて検討することで、打って付けな治しています薬を選択するのに役立ち、ウェルポイントにとっては保険適用対象とする薬を選定する助けに入ると述べた。

 「アバンディア」はグラクソの主力薬気品の一つだが、2007年に安全性異常が提起されて以来、売り上げが大幅に減ちょっぴりている。


糖尿病の元英空軍パイロット、全米50州着陸記録に挑戦
玄米食で糖尿病危険が低下=米ハーパブド大探求
仕分け人の関空支援批判は当然=前原国交相
産業革新機構が医薬特許の事業化促進ファンド設立へ、武田薬も出資=関係筋
今昼間の時間の株値段付け一覧=シティグループ証券

グラクソと武田の糖尿病治しています薬、心臓への危険は同程度=調査[??:内容2]

グラクソと武田の糖尿病治しています薬、心臓への危険は同程度=調査[??:内容3]

グラクソと武田の糖尿病治しています薬、心臓への危険は同程度=調査[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。