へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症で症状 病気

認知症で認知症介護探求?研修東京センターの本間昭センター長は8月25昼間の時間、東京都内で開かれた昼間の時間本医師会と厚生労働省共催の「第54回社会保険指導者講習会」で講演し、「かかりつけ医が認知症の高齢者をケアする時、診察だけでなく、本人の生活を見る不可欠がある。そのためにも、ケアスタッフと連携していく不可欠がある」と訴えた。

 本間氏はまず、認知症への対応の前提として、医師の夢は認知症の人の住み適応した生活の継続を援助することであり、介護職と共案内していると説明した。一方で、ケアマネジャーの約6割が、主治医からの意見書に具体的な情報が乏しいと答えた調査結果を紹介し、「薬だけ処方して終わっているかかりつけ医も多いのではないか。認知症の症状に応じた対応を考えるべき」と指摘。具体的に行うべきこととして、▽服薬管理を誰がするのか▽食事摂取の確認は誰がするのか▽生活費の管理を誰がするのか―などの確認を挙げ、「服薬管理の担い手の確認などでは、ケアスタッフとコミュニケーションを取ることが不可欠だ」と述べた。


認知症の専門医「全く足りない」―武田認知症対策専門官
認知症医療センターの整備に向け議論開始―東京都
「急性期病院と介護の連携充実を」―「地域ケア」を考える(6)
介護施設「利用者本位のサービス提供を」-昼間の時間医委員会
「男たちの介護」(1)―追い詰められる男性介護者―

認知症で[??:内容2]

認知症で[??:内容3]

認知症で[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。