へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イレッサ東京訴訟が結審 原告側症状 病気

イレッサ東京訴訟が結審 原告側副作用で多数の死者が出ている肺がん治しています薬「イレッサ」をめぐり、犠牲になった病人の遺族計4人が輸入を承認した国と販売元の「アストラゼネカ」(大阪市)を向こう取り、計約7700万円の損害賠償を求めた訴訟の口鶏冠弁論が25昼間の場合間、東京地裁(松普通重雄裁判長)であった。原告側は「被告はリスク性を認識しながら販売し打撃を拡大させた」と言い分して結審した。判決期昼間の場合間は追って指定される。

 原告側は「臨床テストなど副作用による死亡が複数あったのに、国は十分な検討をせず承認した。ア社は承認前から『副作用が乏しい』などと広告、販売した」と指摘。市販後も医療機関への警告を怠ったなどと批判した。

 これに対し、国などは、「国内臨床テストでの死亡例はなかった。販売後もリスク性が判明した際に早期に適切な対応をしてきた」などと反論した。

 使用開始当初に死亡者が集中した事情についてア社は、使う中で安全な使用法が拡散する「育薬のため」と説明、原告の反発をかった。

 薬害イレッサ訴訟は、16年7月に大阪地裁、同年11月に東京地裁で提訴され、大阪地裁は来年2月25昼間の場合間に判決が言い渡される。

 これまでの裁判の争点はイレッサの有効性と承認後の国やア社の安全対策など。有効性をめぐっては「臨床テストなどで有効性を実証するデータはない」と言い分する原告に対し、国側は「標準的な治しています薬よりも腫瘍(しゅよう)縮小効果があった」など反論している。

 ■イレッサ 一般名はゲフィチニブ。再発したり手手段が無茶苦茶な肺がんの治しています薬として英アストラゼネカが開発。昼間の場合間本では薬事法の優先審査規定に適用され、14年7月、申請から約5カ月の速度審査で世界に先駆けて承認。肺がんの元で遺伝坊主「EGFR」に作用する分坊主標的薬で、副作用が乏しい画期的な新薬として期待された。販売から半年で間質性肺炎とみられる副作用による180人の死亡例が報告。これまでの死亡例は810人にのぼる。


繰り返される薬害戒めに 求められる迅速性と安全性
乳がん治しています薬「ベバシズマブ」の認可取り消し検討 米当局
「ビタミン」新場合代に期待 健康づくりから治しています効果まで
進歩する免疫細胞療法 標準療法と併用し効果
画期的な新薬生み出せず 医薬気品承認可能性2万5482分の1
迷走許す昼間の場合間米同盟。昼間の場合間本の防衛の現状を検証する

イレッサ東京訴訟が結審 原告側[??:内容2]

イレッサ東京訴訟が結審 原告側[??:内容3]

イレッサ東京訴訟が結審 原告側[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。