へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳症などを深刻な副動作に追記-インフルワクチン症状 病気

脳症などを深刻な副動作に追記-インフルワクチン薬事?食気品衛生審議会医薬気品等安全対策部会の「安全対策調査会」と、厚生労働省の「新型インフルエンザ予防接類後副動作検討会」の合同会議(座長=松本和則?独協医科大特任教授)が8月25昼間の時間に開かれ、インフルエンザワクチンの添付文書を改訂し、「脳炎?脳症、脊髄炎」などを「深刻な副動作」に追記することを同意した。

 「深刻な副動作」にはこのほか、▽血小板減少性醤油斑病、血小板減少▽アレルギー性醤油斑病▽間質性肺炎―を追記する。また、「その他の副動作」には、腹痛、顔面神経麻痺などの麻痺、末梢性ニューロパチー、ぶどう膜炎を加える。
 また、接類要用心者の「気管支ぜんそくのある者」は、「間質性肺炎、気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患を持つ者」に書き換金する。

 国産の季節性、新型のワクチンに加え、輸入の新型ワクチンの添付文書を同様に改訂する。改訂に当たっては、その不可欠性について検討した調査結果のレポートが、医薬気品医療機器総合機構から同昼間の時間の合同会議に提出された。レポートでは、国産の季節性、新型のワクチンの副動作報告や、海世間での添付文書の記載状況などについてまと入れいる。

■新型ワクチンの安全性、疫学探求で確認へ
 また、この昼間の時間の合同会議では、呼吸器や腎臓の基礎疾患を対象に、新型インフルエンザワクチンの安全性を確認するための疫学探求を行うことが事務局側から報告された。ワクチンの接類後に犠牲になった群とそれ以世間の群を計1000例程度集め、診療記録などを用いてワクチンの接類が基礎疾患の悪化につながったかどうかなどを検討する。
 基礎疾患を持つ人が新型インフルエンザワクチンの接類後に死亡するケースが相次いだのを踏まえたもので、山梨大医学部の山縣然太朗教授を探求代表者とする厚生労働科学探求で行う。厚労省の担当者によると、取りまとめは今年冬の流行に向けたワクチン接類が始まる10月には間に不向きが、年度内には終わる視界で、来年以降のワクチン接類での安全対策について提言するという。


接類後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議
呼吸器疾患対象に疫学探求を検討―新型ワクチンで厚労省
接類後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省
インフルワクチン接類、10月以降も当分国の事業で-厚労省案
インフルワクチン最大2905万本製造へ-需要見込み超える

脳症などを深刻な副動作に追記-インフルワクチン[??:内容2]

脳症などを深刻な副動作に追記-インフルワクチン[??:内容3]

脳症などを深刻な副動作に追記-インフルワクチン[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。