へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘亡くした父訴え イレッサ訴訟結審症状 病気

娘亡くした父訴え イレッサ訴訟結審イレッサ薬害打撃者の会代表で、原告団長の近沢昭雄さん(66)は結審後の会見で、「イレッサをなくそうと言ったことはない。無料、安全性を重視して無くなってほしいと訴えてきた」と、提訴から6年弱の思いを振り返った。

 近沢さんの次女、三津坊主さんは平成13年9月、肺がんと宣告された。転移があって手手段ができず、既存の抗がん剤も効かなかった。他に選択できる治しています法もなくなり、14年8月15昼間の時間からイレッサ服用を開始。容体は安定していたが10月3昼間の時間、定期検診で間質性肺炎が見つかり緊急入院。2週間後に他界した。31歳だった。

 イレッサの副作用による間質性肺炎は急激に症状が進行するのがめりはりで、酸素を求入れ苦しみ、「生き地獄のようだった」と近沢さんは回想する。

 13人の死亡報告が露顕した後の10月15昼間の時間、国の指示でアストラゼネカから間質性肺炎の用心を喚起する緊急安全性情報が出された。三津坊主さんの死の2昼間の時間前だった。

 国の「間質性肺炎はほかの抗がん剤でも起こり得る副作用」との言い分に、近沢さんは「抗がん剤の強い副作用は理解しているが、なおさら早く用心喚起していれば、あんなに苦しんで死なずに済んだ」と告訴する。

 ここ数年、近沢さんは大学の薬学部などで緊急勤講師として薬害を授業している。再発防止への願いからだ。こうした思いは医療現場などに届き始めた。

 19年10月に承認されたイレッサと同じ分坊主標的薬は間質性肺炎の副作用がないかチェックするため、市販後の全例調査を実施。群馬大誉れ教授で昼間の時間本病院薬剤師会の堀内龍也会長は「イレッサの異常で、国や製薬会社は副作用情報を迅速に集め、現場に伝達する重要性を再認識した」と告白する。


イレッサ東京訴訟が結審 原告側「被告はリスク性を認識」
繰り返される薬害戒めに 求められる迅速性と安全性
科学の進歩「医療立国」 大和田潔
薬害、食の安全…現代にも課題便秘気味る 森永ヒ素ミルク40年
タミフル服用死で提訴へ 14歳男坊主生徒の遺族、愛知
迷走許す昼間の時間米同盟。昼間の時間本の防衛の現状を検証する

娘亡くした父訴え イレッサ訴訟結審[??:内容2]

娘亡くした父訴え イレッサ訴訟結審[??:内容3]

娘亡くした父訴え イレッサ訴訟結審[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。