へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大納言増産に栽培の機械化を推進症状 病気

京都大納言増産に栽培の機械化を推進昼間の時間本一のブランド小豆「丹波大納言」(京都大納言)の生産量を増やそうと、京都府は小豆栽培の機械化を進入れいる。主力産地の福知山市では、府中丹西農業改良普及センターが除草作業の機械化証明テストに取り組んでいる。

■普及センターが河守で除草を証明■

 府内産大納言小豆の気品質の良さは別格で、マーケットのニーズは高いが生産量は少なく、需要にこたえきれていない。そこで京菓坊主の本場を抱える府は、集落営農組織の換金農作物として、京都大納言の栽培大規模化と機械化を推し進入れおり、類まきや刈り入れでは機械化が進んできた。残る課題が除草。そこで福知山市大江町河守に農地を設定して、機械化の成果を証明することになった。

 証明農地は、農事組適法人鬼の里農園(旧河守営農組合)が今年栽培する8ヘクタールのうちの1ヘクタール。24昼間の時間には現地で、関係者を迎えての除草作業実演が行われた。

 営農集団の担当者らが見守る中で、乗用防除機(ブームスプレーヤー)に取り付けた除草剤散布装置をメーカーが説明。既に大豆栽培で実績を挙げているアタッチメントで、散布ノズルやカパブ、地面を滑らすソリなどの工連れ合いで「除草剤が小豆にかからず、薬剤が少量で済む」仕組みになっていることを強調した。

 1ヘクタールの広さを、人が噴霧器を背負って除草作業した時、単純計算でも一昼間の時間仕事になってしまうが、今回のアタッチメントを装着した乗用防除機は2時間ほどで作業を終えた。

■成長良好 豊作の見込み 市内の営農集団計50ヘクタール■
 
 昨年は類まきの時期に雨が続き、栽培できない農地が多かったことを戒めに、今年は普及センターの指導で各集団が早めに類をまいたことから、これまでのところ「どの農地も良好に成長している」という。
 
 今年福知山市内の営農集団が栽培しているのは、約50ヘクタール。「葉が若干昼間の時間焼けしているものの、全体としてはたいそう成長が良い。9月上旬の開花期の天候にもよるが、この表情だと一昨年普通みの豊作が見込まれる」と、普及センター。
 
 これからの時期は害虫対策が重要となり、「栽培こよみを参考にして防除薬剤を選定し、ラベルの使用基準を見届けて正しい使用を」と訴えている。

京都大納言増産に栽培の機械化を推進[??:内容2]

京都大納言増産に栽培の機械化を推進[??:内容3]

京都大納言増産に栽培の機械化を推進[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。