へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オピニオン】FRB、残された方策はあとわずか=ブラインダー元副議長症状 病気

【オピニオン】FRB、残された方策はあとわずか=ブラインダー元副議長近頃、米経済の機嫌がどうも優れない、と思うかもしれない。米連邦用意理事会(FRB)はまさにそう企てている。8月10昼間の時間の連邦公開マーケット委員会(FOMC)で、FRBは、それまでの興味事である「いかに若干引き締めるか」から、「いかに若干緩めるか」という新たな課題に政策の軸足をシフトさせた。中央銀行の基準から言えば、この転換は異例の速度だった。

 パブナンキ議長は、FRBの取る術がなくなった経緯ではない、としている。不可欠に迫られれば、FRBに金融緩和の選択肢はまだある、と。良いニュースは「パブナンキ議長は正しい」ということだ。悪いニュースは、FRBがすでに最強の武器を無くなってしまっており、弱い武器しか残っていない、ということだ。パブナンキ議長は、とりわけ3つの選択肢について言及してきた。その3つとは、1)FRBの均衡シートを再び拡大させること、2)完全に有名になったFOMC声明の「長期にわたり」の文言を変換すること、3)銀行用意に支払われる金利を低くすることだ。以下、各選択肢について検証してみる。

出口戦略から再緩和へ

 緩和に向けた第1の選択肢は、さら入る財産の買いめてによる銀行用意の拡大、つまり「量的緩和」と呼ばれるものだ。FOMCは、前回の集まりで、保持つ家借金担保証券(MBS)が償還期昼間の時間を迎えても、均衡シートを縮小させずに国債に再出資すると公表、この方角に向けて小さな一歩を進めた。

 この公表には、2つのくっきりした政策転換が含まれている。まず明瞭にしているのは、FRBが、出口戦略に不可欠不可欠な要素である均衡シートの段階的な縮小を、一時停止させたことである。

 次に、量的緩和の目的が変わったことがうかがえる。FRBがMBSのような民間財産を買う時、FRBは国債との金利スプレッドの縮小を目指している。民間財産の値段を押し上げて、利回りを押し下げる、つまり家借金金利など、民間借りめて金利を引き下げることにつながる。この観点から言えば、MBS購入本職グラムはかなりの成功を収めた。

 しかし、FRBが長期国債を買う時、長期国債の値段押し上げによる、イールドカーブのフラット化を意図している。この努力も、国債マーケットの大きさからすると、成功したようにみえる。しかし、これらを合発言させて考えると、FRBは、MBS保有を減らし、国債保有を増やすことにより、政策の軸足を危険スプレッドの縮小からイールドカーブのフラット化に移す、ということに入る。このことは、経済にとって悪い取引だと考える。異常は、高い危険スプレッドであり、高レべルの国債金利ではないからだ。

 FOMCが量的緩和への「再入場」を熱心に考えるなら、国債ではなく、民間財産を買うべきだ。「購入対象と入る財産は?」との質問に条件反射的に答えるなら、MBSだ。無料、家借金金利がすでに低レべルにあるだけに、どの程度の低下土地があるかは疑わしいだ。また、若干低下したとしても、不調な家マーケットの活性化につながるかどうかはわからない。

 量的緩和にインパクトを持たせるには、FRBは、社債やシンジケート借金、中小企業借金、クレジットカード債権など様々な財産を買う創造的な手立てを生み出す不可欠があるかもしれない。無料、一部の民間企業を厚遇せずにこれらの財産を買うことには、重大なノウハウ上の困難がつきまとう。政治的な困難の方がより大きいかもしれない。このため、FRBにとって、この選択肢の優先度は低いだろう。

言葉に何があるのか

 FOMCは、フェデラル?ファンド(FF)金利をゼロから0.25%の間で「長期にわたり」保つ、と2009年3月以来、繰り返し表明してきた。このフレーズは、短期金利がかなりの期間、ゼロ付近にとどまるとマーケットに確信させることによる、長期金利の押し下げ効果を狙ったものだ。

 金融緩和のための第2の選択肢は、「さらに長期間、ゼロ付近でのFF金利の維持に努める」ことを示火に油を注ぐる新たな文言を採用することだ。

 ざっくばらんに言って、この手立てはとっくに有効ではないと考える。新たな文言とは何だろうか。「超長期」(Hyper-extended)だろうか。パブナンキ氏は鶏冠が良いので、良いフレーズをひねり出せるだろう。しかし、マーケット関係者はすでに、「長期にわたり」は、2011年もしくはそれ以降も含むと解釈している。新たな文言が一体どれだけ長く、この考えを引き伸ばすことができるのか。

用意預金金利

 FRBは2008年10月、銀行が保持つ用意預金残高に対して利息を支払う権限を得た。現在に至るまで、FRBはこの権限を利用している。現在、用意預金に対する金利は0.25%と低いが、財務省短期証券、フェデラル?ファンド、当座預金などの利回りに比べれば、低くはない。事実、銀行はこの低い金利で、約1兆ドル(約85兆円)もの過剰用意を自主的に維持しているのだ。

 つまり、第3の選択肢は、用意預金金利を引き下げ、銀行に滞留お金の一部を吐き出させることだ。遺憾ながら、0.25%からゼロ%では引き下げ土地は大きくない。しかし、そこで終わる事情はない。マイナス0.25%ではどうだろうか。ばかげていると思われるかもしれないが、中央銀行の用意預金残高はマイナス金利の適用もあり得る。

 0.25%のマイナス金利が適用された時、銀行は別なところにお金を移動させるだろう。異常はどこに動かすのか、である。FRBの用意預金口座からフェデラル?ファンドマーケットに移すだけなら、FF金利はさほど下がらない。08年12月以来の同金利は平均して0.16%でしかない。また、銀行が、財務省短期証券にお金を移した時、同証券の金利は下がるだろう。しかし、ゼロ付近に下がったとしても、3カ月の同証券の利回り12カ月平均0.11%と比較すると、たいした低下ではない。つまり、0.25%のマイナス金利適用は万能薬ではない、ということだ。

 しかし、1兆ドルの過剰用意のうち一部が、貸し出しに回ることも考えられる。全体の10%だけでも、銀行貸出が3~4%伸びることに入る。何もないよりましだ。

第4の道

 パブナンキ議長が言及していない、第4の策がある。融資にまめな健全銀行への緩和策だ。銀行監督機関のこれまでの緩い審査を考えれば、彼らが今、銀行融資に厳格姿勢で臨むのも理解できる。この厳格姿勢こそが銀行を健全に保っているが、同時に、経済の信用をも枯渇させている。

 銀行審査官のよほど数は、FRBに勤務している。少々の貸倒れはたいしたことではなく、融資には付き物である、ぐらいの「お達し」が彼らからあれば、ちょっぴりは、いやかなりの効果が期待できるのではないか。

 これが献立だ。景気が上向かなければ、弱い対策でも早期に打ち出さざるを得なく入るので、FRBは用心深く検討した方がいい。

(ブラインダー氏は、元FRB副議長。現在、皇子トン大学の経済学部教授および国際コンサルティング会社本職モントリー?インターファイナンシャル?ネットワークの副会長を務める)


第2四半期の米家借金返済延滞率、前期比で低下=MBA
週間の米新規失業保険申請件数、減少も依然高レべル
ブルーカラーの大恐慌
FRBによる昼間の時間本型量的緩和は間相違
ブラインダー元FRB副議長、米政府の経済政策を評価

【オピニオン】FRB、残された方策はあとわずか=ブラインダー元副議長[??:内容2]

【オピニオン】FRB、残された方策はあとわずか=ブラインダー元副議長[??:内容3]

【オピニオン】FRB、残された方策はあとわずか=ブラインダー元副議長[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。