へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

が普及する条件とは―先進事業者らが討論会症状 病気

が普及する条件とは―先進事業者らが討論会病人を軸にIT(情報ノウハウ)を便秘気味て医療?介護情報を関係者間で活用し合う新たな医療?介護サービス「Health2.0」をめぐって、関連サービスの国内ベンチャー事業者らは8月26昼間の時間、「Health2.0 Tokyo Chapter」の第2回集まりを開催した。米国を中心に利用者が急増しているHealth2.0が昼間の時間本で普及する条件について、先進事業者らによる討論会などが行われた。

 「Health2.0 Tokyo Chapter」は、米「Health2.0 Organization」と連携したイベント。米EverydayHealthが提供するネット経由のパブチャル健康診察サービス「Symptom Checker」など、米Health2.0のイベントで取り上げられた最新動きなどが紹介された。

 国内の事例としては、ベンチャー企業のイニシアティブが運営するコミュニティーサイト「TOBYO::昼間の時間本の闘病記」を紹介。同サイトは900を上回る疾患別の闘病記の閲覧などができるソーシャルメディアで、三宅啓社長は「闘病経験をすべて可視化し、検索可能にする」とサービスの意義を解説した。今後は医薬気品開発などに闘病記が活用される方角性を目指している。

 引き続いて、三宅氏のほか国内の関連サービス事業者らを交えて討論会を開催。会場からの「ソーシャルメディア利用者への課金についてどう考えるか」「製薬会社の立場でソーシャルメディアの情報は活用しづらい」「ソーシャルメディアのサービス連携を促進する機能が他領域に比べて少ない」などの発言を浴び、今後の医療?介護のIT活用に不可欠な「ビジネスモデルの確立」「既存の医療?介護業界との連携」「オープンな開発環境界の整備」などについて議論された。


QRコード軸に医療IT基盤を提案―内閣府
認知症予防にIT活用で高齢者に生きがいを
「大衆ID」13年までに導入、20年には医療?介護のIT基盤を確立
「ITなしに孤独死は防げない」
“ネット世代”の現場が介護の未来を開く

が普及する条件とは―先進事業者らが討論会[??:内容2]

が普及する条件とは―先進事業者らが討論会[??:内容3]

が普及する条件とは―先進事業者らが討論会[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。