へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHN治していますに1昼間の時間1回の口腔用貼付剤を承認申請―扶桑薬気品工業症状 病気

PHN治していますに1昼間の時間1回の口腔用貼付剤を承認申請―扶桑薬気品工業扶桑薬気品工業は8月26昼間の時間、東洋紡績と共同で開発した1昼間の時間1回投与の帯状疱疹後神経痛(PHN)治しています薬、ブプレノルフィン口腔用貼付剤(FTB-8127)の承認申請を同昼間の時間付で行ったと公表した。扶桑薬気品によると、ブプレノルフィンを含む薬剤がPHN治しています薬として申請されるのは国内で初入れ。また、貼付剤は上から見ると長辺1cm、短辺5mmの楕円形で、厚さは2mm。上唇と上あごの歯茎の間に溶けるまで貼る。溶けるまで平均7-14時間かかるが、貼付中も食事は可能。その部分を除くようにすれば、歯磨きもできるという。

 PHNは、水痘?帯状疱疹ウイルス感染後、疱疹がすっかり治癒した後も凄まじい痛みと感覚異常が残る神経妨げ性疼痛の一類。帯状疱疹からPHNに移行すると、すっかり治癒するのは五月蝿いとされ、国内では年間30万-50万人が帯状疱疹を発症し、うち3万-4.5万人がPHNに移行しているとみられるという。

 ブプレノルフィンは、中核神経や末梢神経に存在するオピオイド受容体への結合を介してモルヒネに似た鎮痛効果を発揮する鎮痛剤の一類。現在、大塚製薬のレペタン注、同坐剤や、昼間の時間新薬気品のザルバン注があり、手段後やがん性疼痛などの疼痛に対する非麻薬性鎮痛剤として使用されている。

 扶桑薬気品の担当者は、PHN病人にとっては通院にもかなりの痛みを伴うことから、自宅庭で使える貼付剤には病人の身体的な労力軽減が期待できるとしている。
 またブプレノルフィンは、経口投与の時は肝臓で速やかに不活性化されたり、注射剤や坐剤では効果が一過性だったりする異常点があるが、FTB-8127は東洋紡績が開発した徐放性製剤ノウハウを用い、ブプレノルフィンを速放性層と徐放性層の2層に配合。これにより、1昼間の時間1回の口腔内貼付で投与初期から速やかな治しています効果を発揮するとともに、効果の長時間維持が可能になったとしている。

 同社では現在、FTB-8127の適応拡大に向け、腰痛や変形性関節症などを対象に、整形世間科の分野で開発を検討中としている。


がん治しています用ワクチンの製造販売で大塚製薬と契約―扶桑薬気品工業
帯状疱疹後神経痛治しています剤リリカカプセル、22昼間の時間に新発売
リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬と入る薬剤」
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」
痛みは “がん”だけじゃない―慢性痛に理解を

PHN治していますに1昼間の時間1回の口腔用貼付剤を承認申請―扶桑薬気品工業[??:内容2]

PHN治していますに1昼間の時間1回の口腔用貼付剤を承認申請―扶桑薬気品工業[??:内容3]

PHN治していますに1昼間の時間1回の口腔用貼付剤を承認申請―扶桑薬気品工業[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。