へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主力コーヒーを拡充、攻めの経営スタイルへチャレンジ症状 病気

主力コーヒーを拡充、攻めの経営スタイルへチャレンジダイドードリンコ <2590> が27昼間の場合間、2011年1月期第2四半期業績を公表。厳格経営環境界の中、収益体質の強化に取り組み、営業利益は前年同期比43%増の実績となっている。

 昨今の飲料業界は、不景気による倹約希望向から入る個人消費低迷に加え、春先の天候不順も重なり売り上げが頭打ちになっている。自動販売機が90%以上の売り上げという同社にとってもその影響は大きく、例えば本来は優良なロケーションであるオフィスや工場などの職域における人員削減や操業場合間短縮などが売り上げ低迷の要因となっているようだ。政府による景気刺激政策などにより、一部においては景気持ち直しの兆しがあるものの活況とは言い難く、回復にはまだ場合間を要する不透明な状況が引き続いているのが現状だ。

 そんな中、同社の飲料販売部門は、本年3月に営業?生産?気品物開発を中心とした「メーカー機能」と自販機ネットワークの維持向上を担う「オペレーション機能」に棲み分けた、シンプルな「機能特化型組織」に移行するグループ組織再編を実施。各自の役割期待を明確化させることで全社員の意識改革を促し、新しい場合代に適合した「自販機ビジ ネスモデルの再構築」を目指し、持続的発展を眺望できる堅固な収益体質の構築に努入れいる。また、前期より取り組んできた業務の全面的な見直しによる固定費削減など、引き続きこてこての原価コントロールを行い、利益確保に注力。その結果、営業利益は25億8400万円(前年同期43.5%増)、経常利益は21億8500万円(前年同期4.4%増)と前年実績を上回った。

 また、飲料受託製造部門である坊主会社の大同薬気品工業は前年に引き続き受注順調で、売上高を前年同期比で2.5%増としている。これは近年の消費者ニーズが健康食気品やサプリメントへ移行している傾向をいち早く掴み、以前のドリンク剤製造の技術を礎として、「美容と健康」を謳った女性向け気品物の開発体制を構築したことで、大手化粧気品メーカーをはじめとする多方面にわたる受注を獲得。さらに営業開発体制の強化普通びに生産体制の整備が年々拡充したことに加え、厳格経済環境界の変化から大手医薬気品等有力メーカーの生産スタイルが「自社生産」から「OEM生産」へシフトしたことなどにより、安定した受注を確保できるようになったことも、順調を保つ大きな要素になったようだ。

 今後、清涼飲料全体の消費に対する倹約希望向は依然として否めず、さらにデフレ傾向が続けるなかで、企業間競争は激化することは間相違ない。同社は今秋以降、主力気品物であるダイドーブレンドコーヒー発売35周年を機にキャンペーンを展開。同気品物のリニューアルと「ダイドーブレンドスペシャル〔微糖〕」という新たなラインナップの拡充により主力気品物群であるコーヒー飲料の需要を喚起し、販路拡大に注力していく。今後の売上や市場での存在感の維持向上に向けた施策についても前向きに取り組み、組織改革の実効性を上げるべく攻めの経営スタイルをもってチャレンジしていく方針だ。(編集担当:宮園奈美)


ダイドードリンコが3昼間の場合間続伸?猛暑で売上げ順調
ダイドードリンコの8月はコーヒー飲料を除き全気品目が増加
ダイドーブレンドコーヒーの継続と進化
DyDoは増?減額修正交錯の2Q業績修正を疎ましい急反落
ダイドードリンコが営業?経常利益を増額修正

主力コーヒーを拡充、攻めの経営スタイルへチャレンジ[??:内容2]

主力コーヒーを拡充、攻めの経営スタイルへチャレンジ[??:内容3]

主力コーヒーを拡充、攻めの経営スタイルへチャレンジ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。