へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西太后も追い求めたアンチエイジングの要、の手立てとは症状 病気

西太后も追い求めたアンチエイジングの要、の手立てとはこのページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
インターネットを安全に使用する対策を
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        西太后も追い求めたアンチエイジングの要、「腎の養生」の手立てとは昼間の時間経ウーマンオンライン(昼間の時間経ヘルス) 8月29昼間の時間(昼間の時間)17時4分配信 西太后も追い求めたアンチエイジングの要、「腎の養生」の手立てとは 慢性的な過労とフラストレーションは人を老けさせる  旅行先のコタキナバルで、出産間近と思われる妊婦さんに出会った。大きなおなかで旅行行者の荷物を運んでいる。無意識に「大丈連れ合い?」と声をかけると、「ありがとう、でも大丈連れ合い。私たちの民族は、みんなお産当昼間の時間まで畑仕事をするくらいだから」と笑う。しばらくして手が空くと、私のところにやってきて、「私、こんな歳なのに初入れの妊娠なの。結婚して9年も赤ちゃんができなくて」と堰を切ったように話し出した。



         昼間の時間本では出産年齢が上がっていて、私自身も遅い出産だったことを告白すると、「でも、昼間の時間本人は寿命が長いから」と、悲しいことを言う。何でも、彼女はマレーシアの中でもかなりのマイノリティに属する民族で、女性の平均寿命は60歳に満たないのだそうだ。無意識にため息が売れる。「お肌のアンチエイジング!」なんてことを言っていられるのは、長い人生と昼間の時間々の健康あればこそなのかもしれない。

         けれど、よくよく考えてみると、中医学では「健康と美しさ」の根っこは同じだし、それが「不老長寿」の着想にもつながっている。とすれば、「いつまでもキレイに」という努力こそが、将来の元気をつくることに入るかもしれない……と思い訂正することにする。

         そうであるならば、何と言っても世間側からのア本職ーチではなく、内側からのケアということに入る。夏~秋にかけてのデイリーケアについては前回にも書いたので、今回はエイジングと密接な関わりがある「腎」という臓について触れてみたい。

         中医学では、「腎」は体内の水気代謝をコントロールするという働きのほか、発育や発達、生殖、老化と深く関わっていると考えられている。あるひとつの臓器がエイジングと深く関わる……なんて話は、ともすると「非科学的!」と切って捨てられそうなのだが、中医学では「臓」といっても、内臓そのものを指すわけではない。あくまで「概念」なのである。でも、絶対に絵空事というわけではなく、その理論を用いてこそ、漢方薬や食養生も本領を発揮するようにできている。

         さて、その「腎」の機能が“虚ろ”になった「腎虚(じんきょ)」というコンディションに入ると、聴力や視力の低下、めまいや耳鳴り、骨がもまくも入る、記憶力の低下、生殖機能の低下、早すぎる白髪など、いわゆる「老化現象」が起こるといわれている。

         中医学ではずっと、「腎」をいたわり、ケアすることこそが、アンチエイジングのこつと考えてきた。西太后とか則天武后など、美にとことんこだわり、長生きもした女性たちは、「腎の働きを高める」食材を追い追求することに、よほどの資金と負担を費やしたといわれる。

         では、「腎の働きを高める食材をとること=アンチエイジングの決定打」に入るかといえば、それは微妙なところ。というのも、20~30代で「腎虚」と思われる症状が出ている時、暮らしそのものに異常があることが多いから。その元でを取り除かずに、食べ物だけで何とかできるものではない。

         忙しさは時に人を輝かせるけれど、慢性的な過労とフラストレーション、そして、不規則な暮らしの積み重ねは、確実に人を老けさせる。「いつの間にか、実年齢より上に見られるようになった」なんてことに気づいたら、ちょっと用心が不可欠だ。いくらやりがいのある仕事を継続していたとしても、知らず知らずのうちに疲れがたまり、「腎虚」となっている割合がある。

         あまりにも当然の結論で、ちょっとがっかりさせてしまうかもしれないけれど、労働と休息の均衡こそが、アンチエイジングの要。そのうえで、適度に「補腎食気品」(例えば、ねばねばした食材や黒い食気品など)を食暮らしの中に取り込んでいくのがよいと思う。

         腎の考え方はかなり奥が深くて、ここですべてを紹介することはできないが、「そういう考えもあるんだ」というくらいに把握してもらえたらうれしい。

         当コラム最終回と入る次回は、「健康法」との付き合い方についてまと入れみたい。



        古くて新しい「夏から保湿」のワザ
        夏肌ごたごたに効く“インナーケア”
        夏バテ予防のこつは「おなか」にあり!
        「魚は体にいい」は本当?
        体の中の「熱」とうまいに付き合おう
        最終書き換え:8月29昼間の時間(昼間の時間)17時4分昼間の時間経ウーマンオンライン(昼間の時間経ヘルス) 

        西太后も追い求めたアンチエイジングの要、の手立てとは[??:内容2]

        西太后も追い求めたアンチエイジングの要、の手立てとは[??:内容3]

        西太后も追い求めたアンチエイジングの要、の手立てとは[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。