へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華原朋美DVも告白症状 病気

華原朋美DVも告白警視庁新宿署などによると、歌手の華原朋美(36)が29昼間の時間未明、意識が朦朧(とっくにろう)としたコンディションで、都内の病院に非常搬送された。午前中には回復し、病院を出所したという。華原は、07年6月に薬物の過剰摂取などが元でで所属事務所を解雇され、芸能界を事実上引退。昨年1月にも精神安定剤の大量摂取で非常搬送されている。今回、調子を崩した元では不明だが、同昼間の時間真夜中、本紙の取材に応じた華原は薬物の過剰摂取などについて否定した。
  ◇  ◇
 華原は都内で本紙の取材に応じ、今回の非常搬送の経過について、「病院になんか運露見してないです。歌舞伎町にも7‐8年以上行ってないですよ!」と不可解な?反論を繰り広げた。
 華原によると、28昼間の時間は昼ごろまで家で寝ており、その後都内で奉仕活動、ジムでダンスレッスンをしてから家に戻り、就寝。「まったく誤報もいいところですよ」と話した。
 取材では今年の1月まで6年間交際していたという男性からDVを浴びていたことも告白。睡眠薬を服用するようになったのもこのDVが元でだったと明かした。この男性と別れて以降は心の平静を取り戻しているそうで「5、6、7月は警察病院で検査して、睡眠薬、抗うつ剤、精神安定剤を飲んでないことも明瞭にしてます」と語った。
 ボランティアも自身の体験を生かして、精神妨げ、書き出したカット体験者など心に傷のある坊主供たちと接しているという。海世間でも奉仕活動を行ったそうで「かわいそうな坊主供たちを見ると、私はまだ幸せ。いままで迷惑をかけたスタッフさんやファンに心の底からごめんなさいって思います」と鶏冠を下げる一幕もあった。


華原朋美、意識とっくにろう非常搬送
華原朋美 薬物中毒で交順番から救急搬送
赤木芽衣沙“姉”メイサに必ず勝つ!
シルク&熊田曜坊主“美の競演”果たす
神戸所蔵品2010秋冬

華原朋美DVも告白[??:内容2]

華原朋美DVも告白[??:内容3]

華原朋美DVも告白[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。