へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襲撃された社会運動自宅=中国症状 病気

襲撃された社会運動自宅=中国29昼間の時間午後、帰宅途中に襲撃された方舟坊主氏(42歳)は31昼間の時間、臨時記者会見を行い、「抗がん剤“T”を批判したことの仕返しだった」との考えを明らかにした。方氏は自宅目と鼻の先の路上で待ち伏せされた。2人は刺激性の液体を方氏の顔に噴霧し、金づちで鶏冠を殴ろうとした。方氏は振りほどいて逃亡したが、投げつけられた金づちが腰に当たり、軽傷を負った。中国新聞社が報じた。

 方氏が雑誌「財経」で抗がん剤“T”を批判したのは2004年。時間がたっているが、“T”批判で協力した「財経」編集者の方玄昌氏も6月24昼間の時間に襲撃されており、方舟坊主氏自身も月2昼間の時間から脅迫電話を度々浴びていたという。方舟坊主氏は、“T”を批判したことに絡む襲撃だったことは明らかとの考えを示し、「安上がり利益を一番くした恨みで、人を雇って襲撃させた」と推測した。方氏によると、襲撃した2人と面識はないという。

 “T”は中医(漢方医学)を応用した自然生薬を成分とする抗がん薬剤。昼間の時間本では未承認。方舟坊主氏らは調査の結果、抗がん作用は確認できなかったなどと批判した。

 方玄昌氏は6月24昼間の時間に襲われ、抵抗して逃亡したが失血のため病院で一時、虫の息に入るなど重傷。方舟坊主氏は投げつけられた金づちが腰に当たった。内出血程度の軽傷ですんが、襲撃者が金づちで鶏冠部を殴ろうとしたことから、殺害も視野にめてた、凶悪な犯行とみられている。

 写真は方舟坊主氏(壇上、左から2人目)の著作『方舟坊主が世界の謎の喝破する』の出版公表会。同著で方氏は「にせ科学」を厳しく批判した。2007昼間の時間8月撮影。

**********

◆解説◆
 政府の承認を得てはいないが「がんに効く」と噂に入る“薬”は、中国にかぎらず多く存在し、「効果があった」、「ない」との意見が対立する時も珍しくない。「がん細胞の増殖には、多くの異入るパターンが存在する。いわゆる“がんの特効薬”では、たまたま病人の体内にあるがん細胞のパターンに合致すれば効果が期待できるが、それ以世間には一番力。評価が分かれるのは、そのためと考えることができる」と指摘する専門自宅もいる。(編集担当:如月隼人)


中国で社会運動自宅が襲撃され負傷…学手段界など腐敗告発で仕返しか
「シャンプーに有毒物質」報道でメーカー社員が新聞社で粗暴=上海
「出産女性の肛門に縫った痕形跡」、助産師証言と対立…法医学判定書
告発記事の編集長罷免で政府不信?批判の声が圧倒的―中国
医学論文「パクりのパクり」で6代目、内容「伝言ゲーム」化―中国

襲撃された社会運動自宅=中国[??:内容2]

襲撃された社会運動自宅=中国[??:内容3]

襲撃された社会運動自宅=中国[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。