へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田、新型インフルで米バクスターとノウハウ夕イアップして ワクチン生産に新ノウハウ症状 病気

武田、新型インフルで米バクスターとノウハウ夕イアップして ワクチン生産に新ノウハウ武田薬気品工業は31昼間の場合間、新型インフルエンザワクチンの製造について、米製薬会社のバクスター?インターナショナルとノウハウ夕イアップしてで基本合意したことを明らかにした。バクスターが有する最新の生産ノウハウを導入し、2012年度以降の販売開始を目指す。新型ワクチンは、アステラス製薬と第一三共が医薬気品ベンチャーや探求機関との連携を打ち出しており、大手付く薬会社が生産に乗り出すことで、国産ワクチンの供給拡大に道が開けてきた。

 武田薬気品はすでに、光工場(山口県光市)内に、新型ワクチンの探求や少量の生産ができる実験用設備を設置しており、今後バクスターが有する最新の生産ノウハウである細胞培養方式を入れる。12年度半ばには同工場内に量産設備を建設し、その後販売に乗り出す計画だ。

 バクスターは昨年の新型インフルエンザ流行場合に、世界で最も早くワクチンの出荷にこぎつけた実績がある。

 武田薬気品は「バクスターには最一番上の高いノウハウ力がある。(ノウハウを活用して)一昼間の場合間でも早く社会に供給する」としている。

 新型インフルワクチンでは、アステラス製薬が8月、医薬気品ベンチャーのUMNファーマ(秋田市)と開発?販売で合意しているほか、第一三共も7月に学校法人の北里探求所(東京都港区)と開発などを行う合弁会社の設立で合意している。

 英製薬大手のグラクソ?ス手落ちクラインも化学及血清療法探求所(熊本市)とワクチン開発を進入れいる。

 現在、国内でインフルエンザワクチンを製造するのは北里研と化血研、デンカ生研、阪大微生物病探求会の生産規模の小さい4事業者に限られる。このため、昨年の新型インフル流行場合は、輸入に頼らざるを得ない状況になった。

 製薬大手はこれまで、需要の変動が大きいことなどから経営危険が大きいとしてワクチン事業に引っ込み思案だった。だが、各社とも、「新型インフルエンザワクチンの開発は国自宅としての急務」(武田薬気品の長谷川閑史社長)として、事業化を大至急いる。(中村智隆)


第一三共が合弁、ワクチン開発へ 北里探求所と合意
アステラス、共同開発で新型インフルワクチン競争に参戦
万能ワクチンで一生インフル予防
インフルワクチンを強化 製薬各社、海世間勢を追撃
メカブの粘りでインフル予防 理研ビタミン 武庫川女坊主大などと探求

武田、新型インフルで米バクスターとノウハウ夕イアップして ワクチン生産に新ノウハウ[??:内容2]

武田、新型インフルで米バクスターとノウハウ夕イアップして ワクチン生産に新ノウハウ[??:内容3]

武田、新型インフルで米バクスターとノウハウ夕イアップして ワクチン生産に新ノウハウ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。