へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリジェン、新薬の開発販売権を印会社に供与 投資労力を軽減症状 病気

アリジェン、新薬の開発販売権を印会社に供与 投資労力を軽減医薬気品ベンチャーのアリジェン製薬(東京都港区)は、米国で臨床テスト中だった、ウイルス感染症の「帯状疱疹(ほうしん)」の治しています薬について、アジアでの開発?販売権をインドの製薬会社に供与した。開発経費の労力軽減や早期の気品物化が狙い。今後、気品物化後の売り上げに応じた権利所得を浴び取る。

 権利を供与したのはセントール製薬(インド?ムンバイ)で、権利の対象地域はインド、スリランカ、ネパール、ブータン。臨床テストの施設も保持つセントール社では、アリジェン製薬が米国で行っていた臨床テストのデータを浴び継ぎ、インドでテストを実施する。気品物化までの開発費も労力して、2013年の発売を目指す。

 開発中の治しています薬は、凄まじい痛みなどを伴う水疱が帯状にできる「帯状疱疹」の元でと入るヘルペスウイルスの増殖を抑える効能があるという。既存の帯状疱疹治しています薬よりも、高い効果が期待されている。

 新たな医薬気品の開発には、効果や安全性などの確認で複数のテストを行うため、十数年という長期間を要する。

 さらに経費が数百億円にも及ぶケースが少なくなく、製薬企業にとって労力が大きく、とりわけ創薬ベンチャー企業にとっては経営面での足かせとなっている。

 アリジェン製薬ではセントール社との夕イアップしてで、場合間の短縮と臨床テストの投資労力の軽減を図る。気品物化後、インドでの了解を取得し、現地製造された新薬も取り扱っていく計画。早期気品物化で得られる権利所得を、待機中の新薬の開発経費などに充てる方針だ。


後発薬メーカーが急発育 診療収入改定が後押し
医療費削減の“特効薬” 根強い医療関係者の抵抗
薬の通販規制1年 漢方業界も客も悲鳴 「買えない」…政府見直し検討
使える医療機器は欧米の半分 薬だけではないとっくに一つの場合間差「デバイス?ラグ」
武田薬気品、糖尿病など3新薬発売 特許切れ見据え製気品育成

アリジェン、新薬の開発販売権を印会社に供与 投資労力を軽減[??:内容2]

アリジェン、新薬の開発販売権を印会社に供与 投資労力を軽減[??:内容3]

アリジェン、新薬の開発販売権を印会社に供与 投資労力を軽減[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。