へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社説】貿易気まま化こそ輸出増加の特効薬症状 病気

【社説】貿易気まま化こそ輸出増加の特効薬オバマ米大統領は、就任一年目は保護主義的な姿勢を示していたものの、近頃は貿易促進に向けてまめな動向を見せ始入れいた。それなのに、再び元来た道を引き返し、中国からの輸入抑制によって、米国からの輸出を増加させようと提案しているのには困惑させられる。

 米商務省は先週、「非マーケット経済国」に対する反ダンピング(不当廉売)課税や相殺関税の取り扱い措置を最盛期込んだ14項目の指針原案を公表した。非マーケット経済国とは実質的に、中国とベトナムを意風味する。この原案の目的は、米国の通商組合や企業が、中国の競合向こうに多額の関税を課しやすくすることだ。

 例えば、新たな指針では、反ダンピング課税の対象世間であることを個々の中国企業が立証しにくく入るほか、反ダンピング課税や相殺関税率を算定する際の中国の「純粋な」製造原価の算出手立てが変更されている。

 貿易気まま化の恩恵に関して、数世紀に及ぶ経済学の歴史が教えているのは、輸入を阻止しても、輸出は増加しないということだ。だが、これは是非ともしも正しくない。オバマ大統領は自らそれを立証している。貿易促進策の一環として、オバマ政権は昨年9月、中国製タイヤに最良35%の追加関税を課している。効果はあった。

 一方、失業率の引き下げには役立っていない。中国で事業展開する米企業で構成された米中ビジネス評議会によると、2010年の初っ端の5カ月間の米タイヤ工場の労働者数は、前年同期比約10%減となった。

 こうした米タイヤ業界の労働人口の減少は、少なくとも10年前から始まっている。中国からの輸入タイヤは低値段のものがほぼすべてを占入れいるが、米国では賃金やその他の原価の高さから、こうしたタイヤの製造は、はるか従来に無茶苦茶になっている。

 オバマ政権による中国製タイヤに対する追加関税措置は、むしろ米国の低収入者層を苦し入れいる。中国が従来、米国に輸出していたような低値段タイヤを主に購入しているのはこうした層だが、これらの製気品の値段は最大20%上昇している。

 オバマ大統領のせいで、従来は1個50ドル(約4200円)で購入できたタイヤが、今では車一台分買おうとすると、さらに40ドル多く支払わなければ入手できない。これは世間食一回分にもよほどする金額だ。

 タイヤの輸入元は中国以世間の国に移行しているが、それらの国では中国ほど安くタイヤを製造することはできない。

 追加関税は、さらに米国の輸出業者にまで間接的な打撃を及ぼしている。オバマ政権は、タイヤに対する追加関税措置とともに、中国製の鉄製気品や包みました用リボン、紙などにまで反ダンピング課税や相殺関税を課した。

 立腹した中国政府は、鶏の飼料やナイロン製気品など米国からの輸入気品に仕返し的な反ダンピング課税を適用し始めた。こうした措置によって、中国経済自体も痛手を被っている。だが、中国政府の動作は、通商政策に関する自らの主張の正しさを実証している。「我、輸出するとも、汝、輸出するべからず」という米国の主張は通用しない。

 オバマ大統領と民主党は、失業率の高止まりを心配しているが、そうであれば中国の輸入業者を攻撃するよりも、雇用喪失の真の元でになおさら目を向けるべきだ。つまり、高い規制原価や、政治的な信用配分、ブッシュ減税の期限切れに伴い待ち浴びている巨額の増税などだ。

 貿易気まま化への取り組みは、他国と比較した米国の最も優れた強みの1つであったはずだ。貿易の気まま化は、輸出を促進し、雇用を創出する最も有効な手立てでもある。


米商務省、中国製アルミに罰則関税適用の公算
トピックス:人民元レート柔軟化
人民元、(ちょっぴりずつ)国際化
トピックス:景気低迷下の円高

【社説】貿易気まま化こそ輸出増加の特効薬[??:内容2]

【社説】貿易気まま化こそ輸出増加の特効薬[??:内容3]

【社説】貿易気まま化こそ輸出増加の特効薬[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。