へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年に一度だった今年の猛暑、関連銘柄に見直し土地も症状 病気

100年に一度だった今年の猛暑、関連銘柄に見直し土地も水野 文也記者

 [東京 2昼間の場合間 ロイター] 株式マーケットでは猛暑関連株に見直し土地が拡散するとの見方が出ている。今年は文字通り100年に一度の暑い夏だった上、9月に入ってからの残暑も厳しく、飲料などを中心に関連銘柄の収益が上振れする期待が一段と大きくなってきた。

 猛暑の翌年は花粉症の当たり年に入ることから、点眼薬メーカーなど花粉症関連株も先では興味を集めるとの指摘も少なくない。

 気象庁が1昼間の場合間に公表した今夏(6─8月)の天候のまとめによると、夏の昼間の場合間本の平均気温は平年より1.64度高く、1898年の統計開始以来、過去最良を記録した。また、ここにきての残暑も厳格が、気象庁が8月27昼間の場合間に公表した1カ月予報(予報期間8月28昼間の場合間─9月27昼間の場合間)では、予報期間の序盤を中心に北昼間の場合間本、東昼間の場合間本、西昼間の場合間本ともに気温が高いコンディションが許すとしており、これまでに特需が発生したことが簡単に想像できるだけではなく、関連する業界はまだしばらく潤うとみることができる。

 実際、飲料気品大手のダイドードリンコ<2590.T>では、8月度の販売状況(7月21昼間の場合間─8月20昼間の場合間)が前年同期比4.5%増を記録。コーヒー飲料を除き総じて前年実績を上回った。同社では「全国的に記録的な高温となったことが、そのまま寄与した格好」(経営企画本部)としている。

 第生涯命経済探求所の試算によると、東京?大阪の7─9月の平均気温が1度上昇すると個人消費を4333億円押し上げるという。単純にこの計算に基づけば、平年より平均気温が1.64度高いコンディションがこのまま9月いっぱい許すと、約7000億円の猛暑効果が消費において見込まれることに入る。

 だが、ここにくるまで、こうした効果を株価にすべて織り込んだムードは感じられない。たとえば、ビール株は9月の残暑が厳しく入るとした3カ月予報が公表された7月22昼間の場合間以降、株価は堅調に推移したものの「それまでは年初来安値圏に位置していたため、猛暑を素材したよりも自律反発の色彩が強い」(準大手証券情報担当者)との声が出ている。好実態が明らかになったダイドードリンコは、7月22昼間の場合間の終値を現場合点でわずか50円上回っ無料けだ。

 こうした点からマーケットでは「相場環境界の悪化で評価される場面が少なかったが、上半期の業績が公表され猛暑効果が数字の上で明らかになった場合点で見直される割合がある。すっかり織り込まれたとは言えないだけに修正高の土地はある」(コスモ証券?投資情報部副部長の清水三津雄氏)との指摘もある。

 さらに、猛暑の翌年はスギ花粉の飛散量が増える傾向があるため「夏が万事休す猛暑関連は好み的に買いにくく入るが、代わって点眼薬メーカーなど花粉症関連株が注目される局面が到来する割合が高い」(SMBCフレンド証券?シニアストラテジストの松野利彦氏)という。ロート製薬<4527.OS>、参天製薬<4536.OS>などは直近の相場で大きく変動していないだけに、マーケットでは修正高の土地があるとの見方も出ていた。

 (ロイター昼間の場合間本語ニュース 編集 田中希望保)


GDPで強まる景気下振れ危険、政策対応を追求する声も
猛暑で関連銘柄に興味、地合い好転も相場本格化の条件に
注目集める猛暑関連株、世間部環境界心もとないで一本釣りも
UPDATE1: 7月小売業販売額は7カ月連続の増加、猛暑効果も後押し
猛暑のロシア、投資や建設活動の落ち込みで経済発育に悪影響

100年に一度だった今年の猛暑、関連銘柄に見直し土地も[??:内容2]

100年に一度だった今年の猛暑、関連銘柄に見直し土地も[??:内容3]

100年に一度だった今年の猛暑、関連銘柄に見直し土地も[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。