へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不眠症の男性は早死にしやすい?症状 病気

不眠症の男性は早死にしやすい?このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
Yahoo! JAPAN向けIE8を今すぐダウンロード(一番料)
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        不眠症の男性は早死にしやすい?ナショナルジオグラフィック 公式昼間の場合間本語サイト 9月2昼間の場合間(木)18場合33分配信  あなたは寝つきが悪くないだろうか。不眠症の人が聞いたら余分に眠れなくなりそうな探求結果が明らかになった。慢性的な不眠症で1晩の睡眠場合間が6場合間未満の男性は、毎昼間の場合間6場合間以上眠る男性よりも早期に死亡する危険が高いという。

         不眠症は最も一般的な睡眠妨げで、寝つきが悪い、再三心臓がドッキとするといった症状がある。アメリカ睡眠医学会(AASM)によると、アメリカ大衆の約30%が不眠症に悩んでいるという。症状が1年間以上引き続いている人は「慢性不眠症」と診察される。

         不眠症については長年さまざまな探求が公表されてきた。「今回、死亡率の上昇など大きな身体的影響を及ぼす重大な病気だと明らかになった」と、探求責任者でペンシルバニア州ハーシーにあるペンシルバニア州立大学睡眠探求治していますセンター(Sleep Research & Treatment Center)所長のアレクサンドロス?N?ブゴンツァス(Alexandros N. Vgontzas)氏は告白する。

         睡眠不足を訴えた人々とライフスタイルの因果関係まで具体的に調査したわけではないが、「どのような事情があっても、睡眠不足は健康によくない」とブゴンツァス氏は強調する。一例として、同氏が従来公表した論文によれば、若年層が睡眠場合間を2場合間削って1週間過ごし無料けでも、心血管疾患を引き起こす炎症にかかりやすく入るという。

         1990~1995年、ブゴンツァス氏のチームはペンシルバニア州で20~100歳の男性741人(平均年齢50歳)を一番作とばっちりで選び、探求の第1段階に参加してもらった。被験者は不眠症かどうかを自己申告し、実験室で1晩過ごした。その際に各被験者の睡眠場合間が記録された。

         被験者の自己申告と睡眠場合間の記録を組み合わせたところ、6%が慢性的な不眠症であると鑑定された。

         一方、1994~1997年に同じ年齢層の女性1000人を対象に調査したところ、慢性と鑑定されたのは9%だった。

         男性は調査から14年、女性は10年経緯した2007年に調べてみると、1晩の睡眠場合間が6場合間未満の慢性不眠症男性のうち51.1%が死んでいた。これに対し、通常の男性の死亡率は9.1%だった。

        「喫煙、肥満、睡眠場合一番呼吸などの危険要因を考慮したとしても、慢性的な不眠症の男性が早期に死亡する割合は通常の4倍高いという結果になった」とブゴンツァス氏は語る。

         女性では不眠症と早期の死亡にこのような関連性は見られない。不眠症の女性とそれ以世間の女性のどちらも、対象期間の死亡率は2%をやや超える程度だった。

        「男女の相違には2つの事情が考えられる。女性の調査は後から始まったので、男性よりも追形跡期間が短かったこと。また、男性の不眠症は断然数は乏しいが、症状が重大化するケースが多いことだ」とブゴンツァス氏は説明する。

         論文では死因について言及していないが、「不眠症が真っ直ぐの元でで死亡することはない」とブゴンツァス氏は言う。その代わり、病人は慢性的な不眠症によって徐々に消耗し、ほかの病気にかかりやすく入る。例えば今回の探求では、糖尿病や高血圧も患っていた不眠症の男性は、比較的健康な不眠症の男性よりも調査期間中の死亡率がさらに高かった。

         不眠症の元ではまだほとんど解明されていない。「天性つき寝つきの悪い人がいるだけだ、という意見もある」とブゴンツァス氏は告白する。さらに、不眠症の治しています手立ても不明な点が多いという。例えば、ほとんどの不眠症の治しています薬は不定期に発生する不眠の良くが目的で、認知行動療法のような心情学的介入も重症の不眠症病人には効果がないようだ。

        「公的機関や企業はより良い治しています法の探求を支援し、医師たちは不眠症の診察になおさら熱心に取り組む不可欠がある。医者の間では“不眠症はお荷物”と思われてきたが、そのような姿勢を変えなければならない」とブゴンツァス氏は指摘している。

         今回の探求は9月1昼間の場合間付の「SLEEP」誌で公表された。

        Christine Dell Amore for National Geographic News


        熟睡のカギを握る脳波が明らかに
        仮眠で記憶の能率が良く、学習に有利
        目標を見ると創造性が増す?
        髪の毛で朝型か夜型かがわかる?
        恐怖や心もとないを克服する脳細胞を発見
        最終書き換え:9月2昼間の場合間(木)18場合33分ナショナルジオグラフィック 公式昼間の場合間本語サイト 

        不眠症の男性は早死にしやすい?[??:内容2]

        不眠症の男性は早死にしやすい?[??:内容3]

        不眠症の男性は早死にしやすい?[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。