へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高危険腎細胞がん、症状 病気

高危険腎細胞がん、帝京大医学部泌尿器科学の堀江重郎主任教授は9月2昼間の時間、ファイザーが7月に承認を取得した抗がん剤トーリセルの記者公表会で、国内の今後の腎細胞がんの一次治していますに使用される薬剤の位置付けとして、「(腎細胞がんの75%を占める)淡明細胞がんについては、低危険か中危険ならスーテント(ファイザー)。高危険ならトーリセル、(25%に当たる)非淡明細胞がんにもトーリセルというのが1つの方角性だと思う」と述べた。

ノバルティスの腎細胞がん治しています薬は「比較的使いやすい」
GIST情報サイト「G-PRO」を開設―ファイザー

 堀江氏は海世間の現状として、「NCCN(全米総合がん情報ネットワーク)腎がんガイ割り知ってン」によるトーリセルの位置付けを紹介。同ガイ割り知ってンでは淡明細胞がんについて、スニチニブ(スーテントの一般名)、テムシロリムス(トーリセルの一般名)を一次治していますでの推奨度の高い薬剤に挙げており、高危険病人の時にはテムシロリムスを最も推奨される薬剤に位置付けている。
 また、非淡明細胞がんの一次治していますでも、テムシロリムスを最も推奨される薬剤に挙げている。

 無料、堀江氏はトーリセルの深刻な副作用として、間質性肺疾患で死亡に至った症例が報告されているとも指摘した。国内を含む国際共同(アジア)フェーズ2テストでは、全82症例のうち、医師報告による間質性肺疾患が14例、うち死亡が1例だった。

 堀江氏によると、同剤の副作用による間質性肺疾患は発現頻度が高い一方、症状がない一番症候性のことが多く、ほとんどの所見は画像によるものだという。このため、堀江氏は「投与を続けることの危険とベネフィットを考慮しながら、厳重かつ慎重に投与することや、病人に十分に情報開示して治していますすることが不可欠」と述べた。


抗がん剤トーリセルの製造販売承認を取得―ファイザー
新たな腎細胞がん、多発性骨髄腫治しています薬の承認を同意―医薬気品第二部会
ノバルティスの腎細胞がん治しています薬は「比較的使いやすい」
GIST情報サイト「G-PRO」を開設―ファイザー
旧ワイス統合で増収?増益―米ファイザー

高危険腎細胞がん、[??:内容2]

高危険腎細胞がん、[??:内容3]

高危険腎細胞がん、[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。