へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<新型インフル>タミフル早期投与が低死亡率に寄与症状 病気

<新型インフル>タミフル早期投与が低死亡率に寄与昨年大流行した新型インフルエンザ(H1N1)で、昼間の場合間本の感染者の死亡率が他国に比べて大幅に低かった元では治しています薬の早期投与とする分析を慶応大病院小児科とけいゆう病院(横浜市)がまとめた。香港で始まったインフルエンザ国際会議で3昼間の場合間、公表する。

 両病院は09年6月~10年1月に入院した1000人の坊主ども(平均6.4歳)を分析した。それによると、犠牲になったのは1人で致死率は0.1%、約98%(984人)がタミフルなどの治しています薬を使用。このうち発症場合期が分かった667人のうち約89%(593人)が投与期間とされる発症48場合間以内に処方されていた。米国やアルゼンチンでも病人の8割目と鼻の先が治しています薬を使用しているが、48場合間以内の処置は5割以下、致死率は5~7%というデータがある。


<特集>新型インフルエンザ 最新ニュースと写真でチェック
<関連記事>新型インフルエンザ:国内の流行終息
<関連記事>新型インフルエンザ:「大流行は終息」 WHOが声明
<関連記事>新型インフルエンザ:タミフル耐性ウイルス、拡大の恐れ 感染力、通常と同程度
<関連記事>新型インフルエンザ:メーカー4社、余剰ワクチン買い戻し

<新型インフル>タミフル早期投与が低死亡率に寄与[??:内容2]

<新型インフル>タミフル早期投与が低死亡率に寄与[??:内容3]

<新型インフル>タミフル早期投与が低死亡率に寄与[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。