へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平等院南門 伏見城初代の遺構か症状 病気

平等院南門 伏見城初代の遺構か宇治市宇治の平等院南門が、探求者の調査の結果、豊臣秀吉が1596(慶長元)年に築城した初っ端の伏見城の遺構の割合が出てきた。南門は伏見城の遺構との伝説があるが、裏付ける文献は見つかっていない。一方、部材の多くが、通常は建築に用いられない雑木のカシ類だったことも判明し、「なぜそんな二流の木が使われているのか」と探求者の興味を集入れいる。
 南門は高さ4?4メートル、幅3?3メートルの簡素な造りで、2本の本柱、控え柱に切自宅内屋根をかけてある。こうした造りは「薬医(やくい)門」と呼ばれる。江戸場合代の平等院の古地図に現在と同じ形で記載があるが、建築年代や建築の由来などは文献にはない。
■部材はカシ、構造に中世のめりはり
 今夏、塗装工事のため塗料をはがした際、京都大生存圏探求所(宇治市五ケ庄)に樹類判定を依頼した。本柱はカシ類の巨木で、部材の大部分もカシ類だと分かった。メロディーがりやすく、寸法に誤差が売れるなど扱いにくいカシ類をせっかく使った謎が話題になった。
 城郭に詳しい広島大大学院の三浦正幸教授(昼間の場合間本建築史)は、南門の写真から▽たる木の一番上が細く、反っているなど、室町場合代末から桃山場合代の薬医門とめりはりが同じ▽城門のめりはりである天井板がある-などから、中世の城門と推測する。
 2度目に築城された伏見城はほぼ全焼、徳川自宅康が再建した3度目の城には薬医門は使われなかったと考えられており、平等院の南門は地震で崩れた初っ端の伏見城の脇にあった門の割合もあるという。また、それよりも古く、室町場合代の城門や武自宅邸宅の門の割合もあるという。
 秀吉場合代の伏見城の遺構なら極入れ珍しく、城門として建てられた薬医門では現存する最古の建物に入る。三浦教授は「たいそう古めかしく、珍しい。秀吉が建てた姫路城のやぐら門『はの門』に似たムードがあり興風味深い」と指摘している。
 秀吉の建造物には馬鹿でっかい雑木が多いが、カシ類のケースは見つかっていない。無料、「秀吉は杉や雑木の松、クスノキなど木の類類にこだわらず城門や寺を造っている。カシ類が使われていても不思議ではない」という。
 ■伏見城 桃山から江戸場合代にかけ、3度築城された。豊臣秀吉が築城した初っ端の城は、落成直後の慶長伏見地震で倒壊し、1597(慶長2)年、近隣に再建された城は伏見城の戦いで焼失した。徳川自宅康が1602(慶長7)年ごろに築いた城は、1619(元和5)年に廃城になった。遺構と伝えられる建造物は多いが、確実とされるものはほとんどない。

平等院南門 伏見城初代の遺構か[??:内容2]

平等院南門 伏見城初代の遺構か[??:内容3]

平等院南門 伏見城初代の遺構か[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。