へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7割が精神科―暮らし保護受給者調査症状 病気

7割が精神科―暮らし保護受給者調査厚生労働省は9月3昼間の時間、今年1月に複数の精神科医療機関から向精神薬を処方された暮らし保護受給者2555人について調査したところ、70.3%に当たる1797人で同じ効能の向精神薬がそれぞれ処方される「不適切な受診」があったと発表した。

 それによると、「不適切な受診」が認められた1797人のうち、その後の指導によって医療機関を一本化するなど721人が「良く済み」だった。指導中は927人で、残る149人は暮らし保護の廃止などで指導に至らなかった。

 調査は、大阪市の暮らし保護受給者が営利目的で大量の向精神薬を入手する事件が4月に起きたことを浴びて実施したもので、今回が2次調査。7月に結果が発表された1次調査では、今年1月に精神科医療機関を受診した暮らし保護受給者4万2197人の診療収入明細書(レセプト)を抽出して審査した結果、2746人が複数の医療機関から向精神薬を処方されたことが明らかになっていた。今回の調査では、精神科は1か所だけの受診で、内科など他の科で向精神薬を処方された人を除いた2555人の処方量や処方内容を審査した。


暮らし保護受給者への向精神薬処方の調査結果を発表-厚労省
暮らし保護受給者の向精神薬処方で非常調査
向精神薬の処方で用心喚起―厚労省
医療予定に精神科疾患を-昼間の時間精協が要望へ
精神科医療での厚労相答弁「大衆の誤解招く」―昼間の時間医

7割が精神科―暮らし保護受給者調査[??:内容2]

7割が精神科―暮らし保護受給者調査[??:内容3]

7割が精神科―暮らし保護受給者調査[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。