へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<帝京大病院>多剤耐性菌に46人が院内感染 9人が死亡か症状 病気

<帝京大病院>多剤耐性菌に46人が院内感染 9人が死亡か帝京大病院(東京都板橋区、1154床)は3昼間の時間、ほとんどの抗生物質が効かない多剤耐性菌アシネトバクター?バウマニに病人46人が院内感染し、27人が犠牲になったと公表した。うち9人は死亡と感染の因果関係が紛れもないという。国内で同菌の大規模な院内感染が明らかに入るのは、09年の福岡大病院に次いで2例目で感染者数は最多。帝京大病院は5月には認識したが、保健所に報告したのは今月2昼間の時間で、都は「報告遅れは不適切」として厳重用心した。警視庁は業務上過失致死の疑いもあるとみて調べている。

 同病院によると、感染したのは、肺がんや脳梗塞(こうそく)など重症の病気で入院した92~35歳の男女46人。27人は昨年10月~先月にかけて犠牲になった。うち12人は死亡と感染の間に因果関係はないとみられ、6人は因果関係が不明という。

 同病院は今年2月、病人4人から同菌が見つかり、福岡大病院の例もあったことから、感染操作部が院内各科に同菌への警戒を呼びかけた。その後、4月に9人の感染が確認されたことなどから、5月の連休明けになって院内の感染操作委員会が「院内感染」として対策に乗り出した。過去にさかのぼって調査した結果、耐性パターンの同じ感染病人が46人確認され、第1例は09年8月に検出された病人と推定されることが分かった。感染ルートなどは理解していないという。

 東京都福祉保健局によると、都は病院が板橋区保健所に報告した今月2昼間の時間、病院への立ち入り検査を実施。報告遅れについて病院側は「(感染が増えた)4~5月は現場での対策を重視した」と釈明したという。

 また都医療政策部は会見で、感染が広がった元でについて「11の病棟で感染が確認されたことを考えると、医療スタッフによって拡大した割合は紛れもない」と指摘。帝京大病院の感染防止対策の専従の医師と看護師が1人ずつだったことから、同規模の病院に比べて態勢が不十分との認識を示した。

 ◇アシネトバクター?バウマニとは

 近頃10年で世界的に急増している、複数の薬剤が効かないぼい菌の一類。アシネトバクター菌自体は水や土壌の中などに存在しており、健康な人は感染しても発症しない。しかし免疫力が低下した人が感染すると、肺炎や敗血症で死亡することがある。

 アシネトバクター?バウマニの多剤耐性菌は90年代から欧米で増加し、00年ごろにはほとんどの薬が効かない類類が出現した。国内では09年に福岡大病院で、同菌による院内感染が判明した。


新類耐性ぼい菌:WHOが加盟国各国に監視を呼び掛け
新類のぼい菌:欧州で感染拡大 荒川宜親?国立感染症探求所ぼい菌第2部長の話
新類ぼい菌:「監視を」 WHO、加盟国に呼び掛け
結核群れ感染:新淡路病院長が陳謝 「予防体制、強化する」 /兵庫

<帝京大病院>多剤耐性菌に46人が院内感染 9人が死亡か[??:内容2]

<帝京大病院>多剤耐性菌に46人が院内感染 9人が死亡か[??:内容3]

<帝京大病院>多剤耐性菌に46人が院内感染 9人が死亡か[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。