へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝京大病院で院内感染 多剤耐性菌で9人死亡か、4カ月報告せず症状 病気

帝京大病院で院内感染 多剤耐性菌で9人死亡か、4カ月報告せず帝京大学医学部付属病院(東京都板橋区)は3昼間の場合間、抗菌薬に耐性を有するぼい菌「多剤耐性アシネトバクター」(MRAB)に病人46人が感染し、27人が死亡していたと公表した。死亡例のうち9人に関してはMRAB感染と死因との関連が紛れもないという。

 同病院は昨年10月にMRABによる死者が出ていることを確認。今年5月には全職員に対し用心喚起を行い、6月には院内感染予防講習会も実施したが、厚生労働省や東京都に報告したのは今月2昼間の場合間だった。

 感染病人が転院した際、転院先の病院に当初感染を話していなかったケースもあったという。森田茂穂(しげほ)院長は会見で「このような事態を未然に防ぐことができなかったことをおわびしたい」と謝罪した。

 同病院によると、昨年10月、急性大動脈解離などで入院中の76歳の女性が死亡。主治医は女性がMRABに感染し、抗菌薬が効きにくいことも認識していたが、院内感染の対策部署には報告していなかった。その後も院内では感染者が散発的に発生。今年4月から5月にかけ、約10人の病人からMRABが検出されたことで、一場合的な新規入院の制限などに乗り出したが、この場合点でも厚労省や都への報告はなかった。

 感染が確認されたのは、35~89歳の男女46人で、53~89歳の男女27人がすでに死亡。27人のうち9人は感染が死亡の元でになった割合が否定できず、6人は関連が不明、12人は原疾患が死亡元でで、感染との因果関係はないとしている。

 また、MRABに感染した2人が他病院に転院。このうち1人は感染していることを転院先に伝えたものの、院内感染が発生していることは伏せられた。とっくに1人は、感染自体も伝えられていなかった。

 森田院長は報告が遅れた事情を「病人に対する治していますに専念していた」と説明。「今までのやり方に不備があったことは認めざるを得ない」と話している。

 帝京大学医学部付属病院は容態数1154。高度な一番上医療行為を行う特定機能病院の指定などを浴びている。


帝京大病院で院内感染、27人死亡 多剤耐性菌
エイズ治していますで夢延長へ 国連合同エイズ予定
「過去最良で劣悪のコンディション」 国連合同エイズ予定事務局長
B型肝炎 予防接類痕で救済 国が和解案 発症前は検査費助成
小学生女児がO165感染 和歌山
紙の本は場合代遅れ? 書籍をめぐる攻防を調べる

帝京大病院で院内感染 多剤耐性菌で9人死亡か、4カ月報告せず[??:内容2]

帝京大病院で院内感染 多剤耐性菌で9人死亡か、4カ月報告せず[??:内容3]

帝京大病院で院内感染 多剤耐性菌で9人死亡か、4カ月報告せず[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。