へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝京大院内感染 抗菌剤の適正使用、手洗い…基本対策徹底を症状 病気

帝京大院内感染 抗菌剤の適正使用、手洗い…基本対策徹底を帝京大学医学部付属病院で露顕した多剤耐性アシネトバクター菌(MRAB)による院内感染。昨年は福岡大病院でも大規模な院内感染が明らかになっており、専門自宅は手洗いの徹底など基本的な感染防止対策の徹底を呼びかけている。

 自治医大病院の森沢雄司感染操作部長によると、MRABは栄養が少なく、乾燥した環境界でも長期間生き継続することが可能で、耐性を獲得する才能も高い。「手手段する医者が使用するPHSで感染が広がったという話もあり、医療現場では“やっかいな菌”としてよく知られている。確実な感染拡大防止策もない」と森沢部長は説明する。

 福岡大病院では平成20年10月~21年1月、MRABの院内感染が発生。23人の病人から菌が検出され、4人が犠牲になった。うち2人は死亡と感染の因果関係が否定できず、人造呼吸器の使用を便秘気味て広がった割合があるという。

 薬剤耐性菌に詳しい昭和大学の二木芳人教授(臨床感染症学)は「やみくもに抗生物質を使用するなど薬の使い方に異常があると、菌は耐性化する」と指摘。感染拡大防止策として(1)早期の発見(2)抗菌剤の適正な使用(3)手洗いなど基本的な感染対策を徹底する-の3点を挙げる。

 帝京大病院では、今年4月から5月に約10人から菌が検出されていたが、国などに報告していなかった。ある総合病院の感染症対策責任者は「うちなら10人も出れば大騒ぎ。病院のガバナンス(支配)はどうなっていたのか」と話した。


帝京大病院で院内感染 多剤耐性菌で9人死亡か、4カ月報告せず
帝京大病院で院内感染、27人死亡 多剤耐性菌
新型インフル予防「補中益気湯」 西洋医学も治せぬ病人に
「過去最良で劣悪のコンディション」 国連合同エイズ予定事務局長
シマンテック、新型セキュリティーソフト ウイルス感染の検知機能向上
紙の本は場合代遅れ? 書籍をめぐる攻防を調べる

帝京大院内感染 抗菌剤の適正使用、手洗い…基本対策徹底を[??:内容2]

帝京大院内感染 抗菌剤の適正使用、手洗い…基本対策徹底を[??:内容3]

帝京大院内感染 抗菌剤の適正使用、手洗い…基本対策徹底を[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。