へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命預かる病院なのに 後手の対応、手緩い認識 感染拡大招く症状 病気

命預かる病院なのに 後手の対応、手緩い認識 感染拡大招くなぜ多くの病人が死んだのか。3昼間の場合間、帝京大学医学部付属病院(東京都板橋区)で判明した院内感染。死者が初っ端に出てから対策に乗り出すまで半年あまり、国や都への報告も遅れた。「多くの命を預かる病院で…」。院長は深々と鶏冠を下げたが、後手後手の対応となったことは紛れもない。バックには、ずさんな院内返事態勢や、多くの抗菌薬が効かない多剤耐性アシネトバクター(MRAB)への認識の甘さがあったようだ。

[フォト]院内感染を浴び、会見する森田茂穂病院長

 「亡くなられた方、ご遺族の方に、あらた入れお悔やみ申し上げます」

 3昼間の場合間午後、同病院で行われた会見。森田茂穂院長ら幹部らは一連の説明を終えると、一斉に立ち上がり、深く鶏冠を垂れた。病院によると、MRABの院内感染という認識を持ち、対策を始めたのは今年5月の連休明け。過去にさかのぼり感染状況を調査したところ、続々と感染例が浮かび上がったという。

 無料、5月従来にも院内感染をうかがわせる要素はいくつもあった。昨年10月、76歳の女性が、抗菌薬に耐性があるアシネトバクターに感染して犠牲になったケースも、医師が不可欠な報告を行っておらず、実態は5月以降の調査で明らかになった。「医師に多剤耐性という認識がなく、重要性が理解していなかった」。病院側はそう説明した。

 今年2月に病人からMRABが検出された際も、院内に用心喚起を行うのみで対策はとらなかった。3月以降の感染病人は計31人。病院側は「感染させなくていい人を感染させたといわれれば、その割合は紛れもない」と同意する。

 病院の対応が後手後手に入るなかで、感染は院内でフロアや病棟を越えて広がり、最終的に11の診療科に及んだ。感染ルートは理解していないが、病院関係者自らが院内で感染を広げてしまった割合がある。現在も感染はすっかりは制圧できていないコンディションだ。

 ずさんな対応に、監督官庁である東京都は「報告の遅れはとても残念だ」と怒りを隠さない。今月2昼間の場合間に病院から板橋区保健所に報告があり、同昼間の場合間に保健所から都に返事があったという。都は「4、5月にまとまった数の感染者が出所した場合点で報告すべきだった」として、病院に厳重指導したことを明らかにした。

 病院が都に報告する機会もあった。都は8月4昼間の場合間、国とともに病院に対し医療法に基づく年1回の立ち入り検査を実施したが、病院から院内感染発生についての言及はなかったという。

帝京大学医学部付属病院

 学校法人帝京大学が運営。昭和46年9月開院。診療科目数23科、容態数1154と国内有数の規模を誇り、高度な一番上医療行為を行う特定機能病院や総合周産期母坊主医療センター、救命救急センターなどの指定を浴びている。周辺地域の基幹病院で、特に救急?急性期医療やがん治していますなどに注力。院内感染が起こった新病棟は昨年5月に開設された。



帝京大院内感染 抗菌剤の適正使用、手洗い…基本対策徹底を
帝京大病院で院内感染 多剤耐性菌で9人死亡か、4カ月報告せず
警視庁、業務上過失致死容疑で捜査へ 帝京大院内感染
薬を飲んだらぼい菌が繁殖!?「多剤耐性菌」から身を守るには
新類ぼい菌の感染監視を 加盟国にWHO呼び掛け
紙の本は場合代遅れ? 書籍をめぐる攻防を調べる

命預かる病院なのに 後手の対応、手緩い認識 感染拡大招く[??:内容2]

命預かる病院なのに 後手の対応、手緩い認識 感染拡大招く[??:内容3]

命預かる病院なのに 後手の対応、手緩い認識 感染拡大招く[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。