へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判:浪江の自室火付け 被告に懲役4年の判決 /福島症状 病気

裁判員裁判:浪江の自室火付け 被告に懲役4年の判決 /福島アパート自室を全焼させたとして現住建造物等火付けの罪に問われた浪江町権現堂、清掃作業員、久保田玲坊主被告(43)の裁判員裁判の判決公判が3昼間の場合間、福島地裁郡山支部であり、竹下雄裁判長は「感情に左右されるままに行われた犯行は短絡的で身勝手」として懲役4年(求刑?懲役6年)を言い渡した。
 争点だった火付けの故意の有一番ついて、竹下裁判長は「建物に火を燃え移らせようというまめな意図は認められないが、リスク性は認識し、思いとどまるチャンスがありながら火をつけたのだから故意と認められる」と決断。責任才能は「アルコールや鎮静薬を併用したとしても精神の妨げを招くようなものではなかった」などとして完全な責任才能を認めた。
 判決によると、久保田被告は交際向こうから見捨てられるのではないかとの心もとないを募らせ、昨年8月20昼間の場合間午後11場合ごろ、アパート3階の自室に灯油をまき、掛け布団に火をつけ、室内を全焼させた。

9月4昼間の場合間朝刊


押尾学被告:「私は一番罪です」と述べる 東京地裁初公判で
押尾学被告:裁判員裁判の初公判で一部一番罪言い分 東京地裁
押尾学被告:有達人初の裁判員裁判 6人と補充3人を選任
押尾学被告:「法廷で事実を」3昼間の場合間初公判
裁判員裁判:体験者交流会の申込期限を延期

裁判員裁判:浪江の自室火付け 被告に懲役4年の判決 /福島[??:内容2]

裁判員裁判:浪江の自室火付け 被告に懲役4年の判決 /福島[??:内容3]

裁判員裁判:浪江の自室火付け 被告に懲役4年の判決 /福島[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。