へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発掘!能登野菜:/4 能登のスイカ糖 /石川症状 病気

発掘!能登野菜:/4 能登のスイカ糖 /石川◇“規格世間”の境界遇救助する
 羽咋市以北の能登半島に拡散する赤余地帯でゆっくり甘みを蓄えて育った能登スイカ。その中に、傷があるとか、大きさが不十分だとか、見詰めた目で「規格世間」とされ出荷されないものがある。そんなかわいそうな境界遇を救助するため、「スイカ糖」づくりに取り組む人たちがいると聞いた。ところで「スイカ糖って何?」。手緩い響きに誘われて、正体を突き止めに希望賀町に足を運んだ。
 町内にある農産物加工センターで作業に励んでいたのは、町の「婦人加工返事会」のお母さんたちだ。両手で抱えるほどの大なべには、切り抜いたスイカの実が山最盛期ご飯のように積んである。代表の中村登希望江さん(69)=同町矢田=が「若い人にはなじみがないかもしれないね」とほほえみながら、瓶を指さした。
 ふたを開けてもらう。水あめのようにねっとりとした焦げ茶色の物体。「これがスイカ糖ですか」などと言いながら、な入れみた。手緩い。のどに絡みつくようだ。見詰めた目も風味も、既にスイカではない。レシピを聞くと「スイカ以世間は何も無くなってない」というから驚きだ。作るのには、見詰めた目以上に手間ひまがかかるという。
 スイカの実をこして果汁を搾り、焦がさないよう用心しながら煮詰めること5場合間! 「1瓶(約200グラム)あたり2~3個分のスイカが入っている」というから、ぜいたくな一気品でもある。砂糖代わりに紅茶やコーヒーに使用するほか、つくだ煮などの料理にも合うらしい。
 もともとスイカに多く含まれるシトルリンには利尿効果があり、スイカ糖は腎臓病病人などの間で民間薬として重宝されてきたそう。水に溶いて飲むと、坊主どものころに飲んだシロップ薬の風味に似ている気がした。
 「水気を取りすぎた体のむくみも奪ってくれますよ」と中村さん。厳格暑さの許すこの夏、例年以上にビールが止まらない身の思わぬ特効薬に入るかもしれない。

9月4昼間の場合間朝刊


雑記帳:糖度14.8度の大甘スイカ
出光興産:徳山製油所内で、社員が野菜作りや花栽培 スイカ10個を刈り入れ /山口
雑記帳:糖度14?8度の大甘スイカ
黒こだまスイカ:甘さ、県庁でPR--JA北つくば /茨城
福賀スイカ:甘くてさわやか 初出荷式 /山口

発掘!能登野菜:/4 能登のスイカ糖 /石川[??:内容2]

発掘!能登野菜:/4 能登のスイカ糖 /石川[??:内容3]

発掘!能登野菜:/4 能登のスイカ糖 /石川[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。