へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シンガポール】7月対昼間の時間貿易で今年初の減少:前年比5%、発育視界鈍化症状 病気

【シンガポール】7月対昼間の時間貿易で今年初の減少:前年比5%、発育視界鈍化昼間の時間本の財務省が公表した7月のシンガポールの対昼間の時間貿易額は、前年同月比5.3%減の2,327億4,600万円となり、昨年12月以来7カ月ぶり にマイナス発育となった。ほかの経済指標も伸びが鈍化していることから、おおむね見当通りの結果だった。まだ欧州マーケットが債務異常などで十分回復しておらず、今後国内経済に下方圧力がかかるとの見方が出ている。

 昼間の時間系金融機関のエコノ手落ちトは3昼間の時間、NNAの取材に対し「近頃の経済統計の発育鈍化などを考えると今回の減少は見当範囲内。生産統計などの伸びは縮小しているが、昨年の不景気の反動が消えつつある中、依然として高いレべルを維持している。景気も金融ピンチ前のレべルに回復している。無料経済指標は強弱入り混乱している。先行きは、欧州経済が睨んだほど回復していないことなどを考慮すると鈍化する視界」と話した。

 7月の輸出は前年同月比19.4%増の579億1,800万円で、前月の30.9%増から伸びが大幅に縮小した。全体の約4割を占める機械種および輸送用機器は237億3,382万円で前年同月から1.0%減。上昇幅は6月の29.0%増、7月の9.6%増からマイナスに転じた。事務用機器や金属加工機械などの一般機械は14.3%増と順調だったものの、電気機器が9.5%減と不振。重電機器や通信機、半導体など電坊主部気品、電気溶接機などが前年を割り込んだ。

 化学製気品は43.2%増の122億3,575万円と2けた伸長したものの、前月記録した72.3%増から伸びが大きく鈍化した。変動性が大きい医薬気品は3.4倍に拡大したものの、調整石油添加剤や触媒などのそのほかの化学製気品が28.0%落ち込んだ。

 石油製気品は39.6%減の14億8,381万円で、前月の62.5%減からマイナス幅が縮小した。揮発油、ジェット燃料油を含む灯油、重油が前年同月を大きく下回ったものの、潤滑油およびグリースが約20倍に膨らんだ。

 ■輸入は2カ月連続減

 輸入は全体で11.3%減の1,748億2,800万円となり、前月から2カ月連続でマイナスとなった。下落幅は前月の0.5%減から引き伸ばしている。

 化学製気品は16.9%増の132億1,307万円。酸化アルミニウムや酸化チタンの伸びを浴び一番機化合物が39.4%増と順調だった。プラスチックも塩化ビニール樹脂やポリエチレン、ポリスチレンの輸入増を浴び13.1%発育した。

 機械種および輸送用機器は16.7%減で前月の27.2%増からマイナスに転落。電気回路などの機器や重電機器が順調だった電気機器は20.5%増となった一方、自動車や自動車用部気品、鉄道用車両を含む輸送用機器が91.1%減となり足を引っ張った。

 石油製気品は22.2%減。揮発油が伸びたものの、ジェット燃料油を含む灯油、軽油が大幅に減ちょっぴりた。

 1~7月累計の貿易額は前年同期比25.8%増の1兆7,025億2,686万円。輸出は34.4%増の4,271億4,781万円、輸入は23.2%増の1兆2,753億7,905万円だった。

【シンガポール】7月対昼間の時間貿易で今年初の減少:前年比5%、発育視界鈍化[??:内容2]

【シンガポール】7月対昼間の時間貿易で今年初の減少:前年比5%、発育視界鈍化[??:内容3]

【シンガポール】7月対昼間の時間貿易で今年初の減少:前年比5%、発育視界鈍化[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。