へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視神経のぜい弱性が元で!?昼間の時間本人に多い正常眼圧緑内障症状 病気

視神経のぜい弱性が元で!?昼間の時間本人に多い正常眼圧緑内障このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
今すぐ試そうYahoo! JAPAN向け「IE8」(一番料)
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        視神経のぜい弱性が元で!?昼間の時間本人に多い正常眼圧緑内障ダイヤモンド?オンライン 9月6昼間の時間(月)5時30分配信  数年前の健診で緑内障の疑いが指摘されたHさん、54歳。先だって、眼科で緑内障専門医に足を運ぶよう勧められた──。

         緑内障は眼圧によって視神経が圧迫され、視野や視力に妨げが売れる病気。目の中を循環している「房水」と呼ばれる液体がなんらかの元でで排出されにくい、あるいはまったく排出できなく入ると眼圧が上昇し、長い間に視神経が切れてしまう。その結果、正しい映像を脳に伝えられず視野が欠けてくるのだ。失われた視神経の再生は無茶苦茶で、放置すると失明につながる。国内では40歳以上の20人に1人、40代に限ると50人に1人が罹患していると推測される。

         また眼圧が元でとしたが、じつは昼間の時間本人の緑内障病人の7割は正常眼圧(10~20mmHg)なのだ。このため現在は、眼圧に対する視神経の抵抗力が弱いほど緑内障を発症しやすいと考えられている。このぜい弱性が人類的要因なのかどうか、丁寧にはわかっていない。

         緑内障は房水の水はけ口がすっかり塞がって眼圧が鰻上りし発症する閉塞隅角緑内障と、水はけ口は開いているが水はけフィルターに当たる「線維柱帯」が目詰まりを起こし、じわじわ眼圧が上昇する開放隅角緑内障の二つに大別される。前述の正常眼圧緑内障は開放型だ。

         閉塞型の治していますは虹彩にレーザーで穴を開け、房水を逃がす手手段が原則だが、開放型は点眼薬で眼圧を下げるのが一般的。その後、降圧効果を見ながら複数の点眼薬や飲み薬を追加する。レーザーで線維柱帯の目詰まりを清掃しているする手立てもあるが適応が一部に限られる。

         眼圧が下がらない、あるいは下がっても進行する時は、手手段が考慮される。線維柱帯を切除し白眼への水はけ路をつくる手手段が標準的だが、線維柱帯を切開して広げる手手段もある。降圧効果や手段後合併症の発症率など、取り柄欠点を比較して選ぶ不可欠があるだろう。また果たして手手段療法しかないのか、手段後に再び眼圧が上昇した際の対応など、時によっては専門医のセカンドオピニオンを追求するべきだ。

         緑内障は一方通行の病気で回復は期待できない。治しています目的はできる限り進行を抑え失明を先延ばしすることにある。正常眼圧緑内障では発症から失明まで30 年は猶予があるとされるが、仮に40代で発症すると、早くも70代で失明の憂き目に遭遇する。人生80年の昨今、先売るに越したことはない。特に家族に緑内障を患う人がいる時は、40代のうちに1度は眼底検査や視野検査など一連の検査を浴びておきたい。


        テレビ雑音で緑内障チェック!
        眼精疲労には中国伝来の「目の体操」を!
        レーシック、PRK-レーザー手手段で視力回復
        “めまい”は暑い夏に起こりやすい!フラストレーション?疲労?脱水に用心しましょう
        別嬪は「目が悪い」ことを自慢しない
        最終書き換え:9月6昼間の時間(月)5時30分ダイヤモンド?オンライン 

        視神経のぜい弱性が元で!?昼間の時間本人に多い正常眼圧緑内障[??:内容2]

        視神経のぜい弱性が元で!?昼間の時間本人に多い正常眼圧緑内障[??:内容3]

        視神経のぜい弱性が元で!?昼間の時間本人に多い正常眼圧緑内障[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。