へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【昼間の時間本版コラム】三菱商事?米バテル探求所の夕イアップして―ノウハウ事業化の成功条件とは症状 病気

【昼間の時間本版コラム】三菱商事?米バテル探求所の夕イアップして―ノウハウ事業化の成功条件とは尾崎弘之?東京工科大学教授

世界最大の探求機関と夕イアップしてした第一面商社

 9月2昼間の時間、「三菱商事が世界最大の独立探求機関である米バテル思い出探求所(オハイオ州、コロンバス)と新エネルギーや環境界領域で夕イアップして」というニュースがあった。朝刊一面に掲載された昼間の時間本経済新聞の記事によると、二酸化炭素(CO2)を回収して地中に貯留する技手段(CCS)を中心に据え、昼間の時間本企業やアジア企業と協力して事業化の計画とある。

 ところで、「世界最大の独立系探求機関」であるバテル思い出探求所(バテル)とはどのような組織なのか。

 バテルは、元鉄鋼王のゴードン?バテルの遺産を元に1929年に設立された。米政府や企業からの受託探求を中心に、米国のエネルギー政策、環境界政策などに強い影響力を保持している。その他、バイオ、新材料、医療機器なども探求領域である。

 バテルの著名な探求成果として、ゼロックスのコピー機の事業化、合コンクトディスク(CD)、パブコード、ゴルフボールのコーティングなどがある。探求員2万3000人、2009年の売上高は48億7800万ドル(約4140億円)という大組織だが、不思議と昼間の時間本でのネームバリューは高くない。しかし、昼間の時間本にはバテルのような巨大独立探求所は存在しないことも事実である。

なぜ、過去に成功例が乏しいのか。

 三菱商事とバテルの夕イアップしてはニュースバリューが高いのかなと思って調べてみると、実は両社は1970年代から夕イアップして関係にあった。また、バテル?ジャパンという両社の合弁企業が2006年に設立されている。ところが、40年間もバテルと夕イアップしてしながら、三菱商事は世の中でよく知られるヒット気品物を生み出していないようだ。今回の夕イアップしてについて三菱商事はニュースリリースを出しておらず、関係者によると、「環境界」をキーワードにした観測記事に過ぎない。

 では、世界一の独立探求所と昼間の時間本第一面の商社が組んで、なぜ、目立った成功例が出ないのか。

 三菱商事からコメントを得ていないが、その事情は以下の二点と思われる。

1) 基礎探求と大企業のビジネスには本来距離があり過ぎること

2) 知的資産(知財)があれば、即ビジネスができるわけではないこと

基礎探求とビジネスの間は距離が遠い

 まず、基礎探求と事業の距離について考えてみる。

 基礎探求は大学や探求機関などで行われるが、大学が探求をする目的は「オリジナリティの追求」である。オリジナリティこそが「学手段探求の値打ち」であり、探求の意義が認められれば、「ネイチャー」や「サイエンス」など世界的権威がある学会誌で評価され、結果として多くの探求費を集めることができる。バテルは企業だが、知財のライセンスが所得源なので、大学と似た組織だと思われる。

 これに対して、企業の目的は当たり前、利益を出すことである。大企業になれば、新気品物に注文する売上が大きくなり、大して資金にならない基礎探求には力を入れることはできない。もちろん、新領域の基礎探求に興風味がないわけではないが、オリジナリティや学手段評価が高い探求でも、すぐに現金にならないと思えば、「使えない探求」と決断してしまう。

 このように、探求組織と大企業が目的とするところはお互い距離があり過ぎ、本来は夕イアップしてに向いていない間柄である。

ギャップを埋める大学発ベンチャー

 このギャップを埋めるのが、「大学発ベンチャー」だ。大学発ベンチャーは、大学が有する知財を事業化する目的で設立されるが、大学でも並の企業でもない。彼らはオリジナリティが高い探求に強い興風味があり、見込み売上が低い製気品でも一番視などしない。ひとつでも事業化に成功すれば、十分存続できるからである。大企業も基礎探求に出資する危険は避けて、うまいく行った大学発ベンチャーとだけ夕イアップしてしようと思っている。大学も成功したベンチャーから特許所得を得られるので、このスキームを後押しする。

 1980年に米国で「バイ?ドール法」という国費を使った探求の事業化を推進する法律が制定されたが、その後、大学発ベンチャーが数多く設立された。この法律により、米国産業は競争力を取り吐いたとされている。米国の成功に倣おうと、昼間の時間本でも同様の内容を有する「昼間の時間本版バイ?ドール法」が1999年に施行されている。

 大学発ベンチャーが成功した代表的な事例は、米スタンフォード大学とカリフォルニア州立大学サンフランシスコ校の「遺伝坊主組み換え特許」のライセンスである。スタンフォード大学の時、基本特許を467社にライセンス供与し、2億ドル(約170億円)を上回るライセンス所得を得ている。当然、発明者のスタンリー?コーエン教授が、特許所得を稼ぐより技手段が広く普及することを重視したため、この特許所得は低過ぎると評価されている。遺伝坊主組み換え技手段のバイオ探求へのインパクトを考えると、その通りである。

成功可能性が低い基礎探求の事業化

 無料、遺伝坊主組み換えは数十年に一度の大ヒット技手段である。大枚を稼ぐどころか、基礎探求が事業化できる可能性は極入れ低い。例えば、医薬気品開発の成功率はどの程度か。厚生労働省によると、医薬気品探求開発において、開発対象の化合物が最終的に医薬気品として認可される可能性はわずか1万1300分の1(0.009%)である。医薬気品開発は特殊で、他の領域はここまで可能性は低くないが、それでも成功可能性はせいぜい数パーセントだろう。

 「知財があれば即ビジネスができるわけではない」という基礎探求の事業化が困難な二つ目の事情には、このようなバックがある。商社は落成気品の販売には強いが、三菱商事に限らず、大学の基礎探求を地道に事業化した体験はほとんどない。

探求領域によって異入る知的資産の値打ち

 知財の値打ちは探求領域によって異入る。例えば、大学発ベンチャーにバイオ企業が多いのには事情がある。それはバイオ領域では特許の力が強いからである。

 製造業や情報技手段(IT)では、製気品を作る時にクロス?ライセンス(お互いの特許を融通し合うこと)を多用するので、大学が基本特許を持っていても、企業から見れば大して値打ちがないことが多い。

 ところが、医薬気品開発では、医薬気品の物質特許など少数の基本特許を持っていれば製気品を作ることができる。したがって、大学から企業にライセンスされる特許の値打ちがたいそう大きい。また、ITと違って、バイオ特許は陳腐化する危険が小さいという有益もある。大学発ベンチャーにバイオ企業が多いのは偶然ではないのだ。

 三菱商事とバテルが中心に据えた「環境界領域」での特許の力はどうだろうか。

 まず、「環境界」の基本特許は製造業の時と似ており、バイオの時と異入る。環境界はハイテクビジネスばかりでなく、原価削減や大量生産技手段が大切なローテク企業も少なくない。この時、基本特許よりも生産技手段や事業化の速度の方が重要に入る。

 また、太陽電池やリチウムイオン電池のように成熟化した領域では、オリジナリティが高い技手段を入れることは簡単ではない。マーケット規模が大きい既存技手段を破棄して、規模が小さい新規技手段に移るのは危険が大きいからである。

 今回主要主題であるCCSに関する一番上技手段をバテルは持っているのだろうが、CCSは伝統的な石油採掘技手段を応用したものなので、「オンリーワン技手段」ではない割合が高い。

基礎探求事業化に不可欠なこと:MITの例

 では、どうすれば基礎探求の事業化は成功するのだろうか。

 何と言っても、基本にぶっり反して、「大学発ベンチャー的な組織」(大学発ベンチャーである不可欠はない)が事業化を担うことである。バテルは、そういう機能を有するには組織が大き過ぎるし、同社は探求所であり、ベンチャー企業ではない。

 大学発ベンチャーの成功要因については多くの探求があり、経営チームの才能、技手段のマーケティング力、支援インフラ、大企業と夕イアップしてする才能などが大切な要因として指摘されている。

 これらに加えて、私が2008年1月にマサチューセッツ工科大学(MIT)のベンチャー支援センターを訪問した時に、成功要因として重要と痛感したことを述べる。MITは多くの成功した大学発ベンチャーを輩出しているが、大切なことは、1)母群れの大きさと、2)スペシャ書き出したによるベンチャー支援――の二点と思う。

 既に述べたとおり、ベンチャーの成功可能性は低い。グーグルやヤフーのような会社は一取っ手で、その周りは死屍累々(ししるいるい)だ。これは、景気が改善ても悪くても、長年ベンチャー企業が天性るエネルギーがあることを意風味するが、母群れが大きくないと、成功例も出にくいというシンプルな原理でもある。

 また、多くの探求が指摘している「ベンチャーの支援人材」は、無料、そこにいればよいのではない。目的に応じた適材適所が不可欠である。例えば、エネルギー技手段のベンチャーの時、まず不可欠なのは、主要エネルギー企業の経営者とアポイントを奪って折衝できる人材である。MITは、このようなスペシャ書き出したを、電池、自動車、医療機器など領域ごとに揃えている。常勤の人ばかりではなく、OBネットワークがパートタイムで援助することが多い。

 昼間の時間本の大企業は、そのような人材を多く抱えているだろうか。遺憾ながら、数は多くないだろう。三菱商事のことを言っているわけでないことを断っておくが、会社の閉店はりりしくでも、セクショナリズムに浸って仕事をしている人が多ければ、このような人材は育たない。


中国のレアアース輸出規制に見る「資源ナショナリズム世の中交」への対処法
自宅電の基本設計共通化―「リパブス?イノベーション」で世界マーケットに挑戦
パナソニックの大型蓄電池開発に許すのは?―環境界ビジネスは「スマートハウス」にも
ホンダの電気自動車生産計画は大ニュースか?
尾崎教授のグリーンビジネスコラム 一覧

【昼間の時間本版コラム】三菱商事?米バテル探求所の夕イアップして―ノウハウ事業化の成功条件とは[??:内容2]

【昼間の時間本版コラム】三菱商事?米バテル探求所の夕イアップして―ノウハウ事業化の成功条件とは[??:内容3]

【昼間の時間本版コラム】三菱商事?米バテル探求所の夕イアップして―ノウハウ事業化の成功条件とは[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。