へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内初の耐性菌か 獨協大病院の病人から 抗生物質効かず症状 病気

国内初の耐性菌か 獨協大病院の病人から 抗生物質効かずほとんどの抗生物質が効かない「NDM1」と呼ばれる遺伝坊主を有する新類の菌が、獨協医大病院(栃木県)を受診した病人から見つかったとの返事が厚生労働省などにあり、現在最終確認を行っていることが6昼間の時間、分かった。確認されれば、国内で初の発見例と入る。

 厚労省によると、今月に入って、獨協医大から国立感染症探求所に対し、南アジアへの渡航歴がある病人から新類の菌が見つかったようだと相談があったという。

 NDM1遺伝坊主を有する菌は、インド、パキスタンが発生源とみられており、欧米メディアによると、バングラデシュ、英国、フランス、ドイツ、米国などで感染が確認されている。大腸菌などから見つかっており、ぼい菌からぼい菌へと遺伝坊主を浴び渡して広まる恐れがある。

 世界保健機関(WHO)も警戒を強入れおり、厚労省は先月、都道府県などに対して、国内で発生した時に備え、医療機関に情報を提供しておくよう用心喚起を行っていた。

NDM1

 大腸菌や肺炎桿菌などの腸内ぼい菌がこの遺伝坊主を有すると、多くの抗菌薬が効かなく入る。抗菌薬を効かなくする酵素を作る遺伝坊主はプラスミドと呼ばれる環状遺伝坊主にあり、ほかの腸内ぼい菌に容易にうつりやすいのがめりはりで、同じ腸内ぼい菌で病原性の高いサルモネラや赤痢菌などに拡散する心配がある。市中に拡散すると、抵抗力が落ちていない人でも尿路感染症や肺炎などが起きるリスク性がある。


新類ぼい菌の感染監視を 加盟国にWHO呼び掛け
新類のぼい菌感染が拡大 ベルギーで初の死者
厚労省、帝京大病院へ非常の立ち入り検査へ 多剤耐性菌の院内感染浴び
帝京大院内感染 ずさんな返事体制、認識の甘さが拡大招く
江戸期人骨にハンセン病菌 青森の遺形跡、DNA検出
紙の本は時代遅れ? 書籍をめぐる攻防を調べる

国内初の耐性菌か 獨協大病院の病人から 抗生物質効かず[??:内容2]

国内初の耐性菌か 獨協大病院の病人から 抗生物質効かず[??:内容3]

国内初の耐性菌か 獨協大病院の病人から 抗生物質効かず[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。