へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容に医薬にエチゼンクラゲ 厄介ものを有効利用 関電が開発着手症状 病気

美容に医薬にエチゼンクラゲ 厄介ものを有効利用 関電が開発着手関西電力は6昼間の時間、大量発生で漁業打撃や原坊主力発電所の取水口の目詰まりなどの異常を引き起こす“海のお荷物”のエチゼンクラゲを利用して、医薬気品や化粧気品を開発する本職ジェクトに乗り出したことを明らかにした。クラゲから有効成分のコラーゲンを取り出し、原料のハイドロゲル材(ゼリー状物質)に加工。けがの患部にはり付ける創傷被覆材やにきび予防の美容マスクなどの素材とする予定で、エチゼンクラゲの有効活用を目指す。

 エチゼンクラゲは昼間の時間本海で大量発生し、漁網を破るなど重大な打撃を及ぼしている。平成11年6月には高浜原坊主力発電所2号機(福井県高浜町)の取水口に大量に来襲。取水口の防塵(ぼうじん)装置4台のうち2台が停止し、出力を低下させるなどの原発への悪影響も出ている。

 今回の本職ジェクトは関西電力坊主会社の関西電坊主ビーム(福井県美浜町)、昼間の時間華化学(福井市)、福井県立大学海洋生物資源学部(小浜市)などが共同で行う。

 関西電坊主ビームの電坊主線照射施設を活用し、エチゼンクラゲから抽出したコラーゲンと、越前ガニの殻からとれるキトサンを混ぜ合わせた物質に電坊主線を照射することで、ハイドロゲル材を生成する。

 コラーゲンの保湿効果とキトサンの抗菌効果を併せ有するハイドロゲル材が開発できれば、創傷被覆材や美容マスクなどの気品物化も可能となる。

 22年度に基礎探求を進め、23年度以降に実用化探求へ移行する。

 関電は17年3月に福井県が策定した「エネルギー探求開発根拠地化予定」に参画。同県敦賀市や美浜町、小浜市などで探求開発機能の強化や産業創出?育成などを推進している。

 8月30昼間の時間に関西電坊主ビームが電坊主線照射施設の運用を始めたのを機に、同施設を活用した地域貢献活動として、今回の本職ジェクトに着手した。関西電力の酒井和連れ合い原坊主燃料サイクル室長は「地元のためにも実用化につなげたい」と伝えている。

 大量発生したエチゼンクラゲは、処分法が課題となっており、福井県小浜市で地元の水産高校と企業が粉末化し、羽二重餅(はぶたえもち)として気品物化するなど活用法が模索されていた。

 今年のエチゼンクラゲの動きについて、水産総合探求センター昼間の時間本海区水産探求所(新潟市)は「昨年は大量発生したが、今はまだ兆しはない。昼間の時間本沿岸に近づくのはこれから」としている。

エチゼンクラゲ

 昼間の時間本近海では最大級のクラゲで、大型のものでは傘の直径が2メートル、重さが150キロになる。中国?黄海などで発生し、夏から冬にかけ海流に乗って昼間の時間本沿岸に登場する。近年、昼間の時間本海で大量発生しており、馬鹿でっかい集団が漁網になる漁業打撃が大きな異常になっている。大量発生の要因としては、地球温暖化による海水温上昇などが考えられる。


酒の肴に巨大クラゲ 特有の食感と梅肉がマッチ
優勝賞金で豊胸!? 海辺バレーの尾崎睦、金田洋世組
女性7割が敏感肌…スキンケア「肌研」に新シリーズ
美容自宅電完備、試供気品提供 化粧直し、300円でキッチリ
割り知ってヤー、夏はUV対策できるタイプが人気 売れ筋ランキング

美容に医薬にエチゼンクラゲ 厄介ものを有効利用 関電が開発着手[??:内容2]

美容に医薬にエチゼンクラゲ 厄介ものを有効利用 関電が開発着手[??:内容3]

美容に医薬にエチゼンクラゲ 厄介ものを有効利用 関電が開発着手[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。