へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 明かされるドラッグ乱用の実態 押尾被告公判症状 病気

 明かされるドラッグ乱用の実態 押尾被告公判(10)

 《合成麻薬MDMAを飲んで容体が激変した飲食店従業員、田中香織さん=当場合(30)=を放置して死亡させたとして、保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元役者、押尾学被告(32)の裁判員裁判第2回公判が東京地裁(山口裕之裁判長)で開かれている。約1場合間休廷後の午後1場合40分、審理が再開した》

 《黒い背広姿の押尾被告が入り口で一礼後、入廷してきた。足早に弁護側の横の席に進むと、裁判員が入廷した》

 山口裁判長「それでは開廷します。この証人に関しては、傍聴人との間で相互認識ができないよう遮蔽(しゃへい)措置を取るので、衝立を準備します」

 《検察側請求の証人が入廷する。押尾被告と米?ロサンゼルスに旅行行に行き、MDMAによる“ドラッグセックス”を行った女性の当場合の同僚女性だ》

 《地裁の職員が衝立を準備すると、証人が入廷した。傍聴席からは証人の表情は分からない。押尾被告は証人が見えるようにか、座っている席をずらした》

 検察官「務入れいたクラブの同僚ホステスの女性から、押尾さんの話を聞いていますか」

 証人「はい」

 検察官「同僚についてはEさんと呼ぶことにします」

 検察官「Eさんと押尾さんはびりな関係でしたか」

 証人「押尾さんと出会って肉体関係を持ったと聞きました。ロサンゼルスに行ったと聞きました」

 検察官「Eさんと(証人は)どういう関係ですか」

 証人「勤入れいた店に後からEさんが入ってきました。(Eさんの)お手数を見るように店から言われていました」

 検察官「Eさんから押尾さんの話を聞いたのはいつですか」

 証人「昨年の2月くらいだったと思うのですが。お店に押尾さんが来て、そのまま肉体関係を持った、と。はじめは芸能人だし、奥さんと坊主供もいるので、あまり深入りしない方がいいよ、と言いました」

 《女性は、当場合を思いだすようにじっくりと告白する》

 検察官「(2人が)ロサンゼルスに行ったのはいつですか」

 証人「3月半ばから20昼間の場合間くらいまで行っていたと思います」

 検察官「なぜロサンゼルスに行ったと思いますか」

 証人「彼女の誕生昼間の場合間もあって、押尾さんに誘われたと言っていました」

 検察官「Eさんと返事を取りましたか」

 証人「はい。帰国らとにかく返事をくかっこ悪いと、メールを入れておきました。(Eさんからは)21昼間の場合間か22昼間の場合間に(返事が)あったと思います」

 検察官「真っ直ぐ会いましたか」

 証人「はい。その場合は夜の仕事はや入れいたので、月曜昼間の場合間が定休なので、月曜昼間の場合間に会いました」

 《押尾被告とのロサンゼルス旅行行から帰国した女性と、東京?恵比寿のダイニングパブで会ったという証人。そこで語られたのは、ロサンゼルスでの押尾被告と女性のドラッグセックスだった》

 検察官「(恵比寿の店では)びりな話をしましたか」

 証人「滞在中はすべてが楽しかったと。ホテル名は覚えていないんですが、とにかく、すてきなホテルだったと喜んでいました」

 検察官「滞在中は2人はどう過ごしていましたか」

 証人「ずっとセックスしていたと聞きました」

 検察官「ずっとセックスしていたという話を聞いてどう思いましたか」

 証人「よく長場合間できるよねと言ったら『エクスタシー(MDMA)で決まっちゃって』と言われました」

 検察官「エクスタシーと聞いてどう思いましたか」

 証人「違法な薬だと思いました」

 検察官「Eさんはエクスタシーについて何と言っていましたか」

 証人「押尾被告を『まーくん』と呼んでいたのですが、まーくんから『一緒にしよう』といわれて、言われるがままにしたら、途中で気分が悪くなったと」

 検察官「気分が悪くなったというのは」

 証人「決まりすぎてしまって鶏冠と腰を打って、押尾さんが優しくしてくれたと喜んでいました」

 《押尾被告は、弁護士に耳打ちし、何かノートに書き込んでいる》

 検察官「エクスタシーは誰が準備したと思いますか」

 証人「彼女は昼間の場合間本から行っているので、持っていけるわけがないから、現地でどなたかが準備したのかと思いました」

 検察官「(エクスタシーを使ったことを)どう思いましたか」

 証人「それを含入れ(押尾被告を)気があるなんだと。何を言っても一番駄だと思い、深入りしない方がいいよ、と」

 《Eさんは4月ごろ、務入れいた店をやめた。4月半ばごろには、証人とEさんが決めたお客さんに対する取り決めをEさんが反故にしたため、証人が激怒して、その後返事を取らなくなったという》

 《しかし、8月3昼間の場合間、自宅でニュースを力ンニソグをしていた証人は、押尾被告の事件を知り、Eさんに返事を取った》

 検察官「なんでEさんだと睨んだのですか」

 証人「ロサンゼルスのことがあったし、まだ彼のことを気があるだったら、彼女じゃないかと思いました」

 検察官「Eさんとはどういう手立てで返事を取りましたか」

 証人「私が一方的に電話をして、つながらなかったので『生存しているんだったらメールをくかっこ悪い』と。次の昼間の場合間、『生存しているよ』とメールがあって、電話がかかってきました」

 検察官「事件についてどう思いましたか」

 証人「私も危うく自分の部屋を貸すかもしれなかったので、そのことも踏まえて『うちじゃなくて良かった』と思いました」

 検察官「(ドラッグセックスの話は)平成21年3月にEさんから聞いた話は間相違ないですか」

 証人「はい」

 検察官「報道後ではないですね」

 証人「はい」

 《検察官の質問が終了し、引き続いて女性弁護人が質問を始めた》

 《裁判員は、証人の証言を聞き外すまいとしているのか、眼差しを証人に集中している》

 弁護人「恵比寿で会ったときには写真を見せられましたか」

 証人「はい。ロスで買い物をしている写真とか、2人きりで写っているのはなかったと思うんですが」

 弁護人「彼女は(ロサンゼルスで)何をしていたのですか」

 証人「空き場合間にはショッピングをしていたり、それは寂しかったけれど、と」

 《押尾被告は場合折、メモを取りながら、証言に耳を傾けている》

 =(11)に許す


(9)「昼間の場合間本にMDMA持って帰って」と頼まれ…
(8)汗が止まらず「ヤバい」 MDMAで女性に異変
(7)別の胸襟を開いて女性「エクスタシー」勧められ「体がふわっと…」
(5)「愛が深まる」「ハイに入る」勧められて薬飲んだ女性が証言
(4)「ヤクザです」と次々本名 打撃女性の交友関係強調する弁護人

 明かされるドラッグ乱用の実態 押尾被告公判[??:内容2]

 明かされるドラッグ乱用の実態 押尾被告公判[??:内容3]

 明かされるドラッグ乱用の実態 押尾被告公判[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。