へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬物SEX向こうも赤裸々証言症状 病気

薬物SEX向こうも赤裸々証言元役者の押尾学被告(32)が、交際していた飲食店従業員、田中香織さん=当場合(30)=に合成麻薬MDMAを飲ませて死亡させたとして保護責任者遺棄致死などに問われている裁判員裁判第2回公判が6昼間の場合間、東京地裁で行われた。押尾被告とドラッグセックスをした女性も出廷し、セックス場合の生々しいやり取りを証言。また、田中さんが知人に、「性癖が変なのと付きぴったりしている」と押尾被告との交際を語っていたことも明らかになった。

9月6昼間の場合間の第2回公判全記録

 3昼間の場合間の初公判で、押尾被告側は田中さんにMDMAを譲渡したことを否定。「保護責任はなかった」などと一番罪を言い分した。

 検察側はこの言い分を切り崩すため、押尾被告とドラッグセックスをした女性を証人として出廷させた。証言によると、女性と押尾被告は2003年1月ごろにハワイで知り合った。押尾被告は女性と「1カ月に1回か数カ月に1回」のペースで会い、関係は押尾被告が女優の矢田亜希坊主(31)と結婚後も続いたという。

 女性が初入れ押尾被告にMDMAを勧められたのは、2008年5-6月ごろ。東京?六本木1丁目のマンションに呼ばれ、押尾被告から「“ハイ”に入るものがある」と合成麻薬の錠剤を手渡され、砕いた錠剤の一部を服用したという。

 服用後の調子について女性は、「じっとしていられなくなり、歯を食いしばったり、汗が出てきたりしました」「テンションがはるかに上がりました」などと証言。「肌が敏感になっていた」コンディションで、押尾被告と行とばっちりで及んだという。

 押尾被告はその後も、女性に「あれいる?」などとドラッグセックスを誘うような内容のメールを数度にわたって発信したという。

 検察側証人としては、田中さんの知人である芸能本職ダクション社長の男性も出廷。男性は、田中さんが押尾被告との肉体関係を示唆したうえで、「性癖が変なのと付きぴったりしている」「薬を飲ませたがる」などと田中さんから相談を浴びていたと証言した。

 さらに法廷では、押尾被告が関係を公言していたとされる「パチンコ業界の大物」や、田中さんと親交があったという「八王坊主の稲川会暴力団組長」などの本名が次々と挙がり、押尾被告の後ろに無料ならぬ闇人脈が広がっていたことが明らかになった。



押尾、マネジャーに電話「田中さんゾンビに」 初公判で一番罪言い分 
ショック!大物政治自宅のせがれと関係も?押尾学、反撃スタート
元祖プレイボーイが激白、押尾学は平成の○○○○
押尾ドキッ!?都内で“薬”一番くなって…矢田亜希坊主が刑事に
ぶっ飛び薬が続々登場…愛好自宅と厚労省のイタチごっこが許す

薬物SEX向こうも赤裸々証言[??:内容2]

薬物SEX向こうも赤裸々証言[??:内容3]

薬物SEX向こうも赤裸々証言[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。