へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未収金対策事業に評価の声―民主?行政刷新WG症状 病気

未収金対策事業に評価の声―民主?行政刷新WG民主党の行政刷新本職ジェクトチーム(PT)の「再仕分け第1ワーキンググループ」(WG、主査=菊田真紀坊主衆院議員)は9月6昼間の時間、厚生労働省の行政事業レビュー(省内仕分け)で対象となった「ベンチャー企業支援のための治験等相談事業」と「医療機関未収金対策支援事業」について、関係者からヒアリングを行った。未収金対策支援事業をめぐっては、「直ちに廃止」との結果を浴び、厚労省が事業を廃止したため、委員から同省の対応を評価する声が上がった。

■治験等相談事業の「再起」、この昼間の時間は意見なし

 一方、治験等相談事業(厚労省?医政情管轄)については、今年度予算で計上された約3600万円の執行が停止、事業自体は廃止となったものの、種似の内容の「昼間の時間本発シーズの実用化に向けた医薬気品?医療機器薬事戦略相談推進事業費」として、医薬食気品局が4億6400万円(耳を揃えて特別枠)を来年度概算注文に最盛期込んだ。これについて菊田主査は集まり終了後、キャリアブレインなどの取材に対し、この昼間の時間は意見が出なかったとした。

 ヒアリング対象となった両事業をめぐっては、厚労省が5、6月に実施した行政事業レビューで、評価者が「直ちに廃止」と鑑定。治験等相談事業は、ベンチャー企業の医薬気品開発の能率化を図るため、開発前や開発初期段階に相談を浴びるもので、医薬気品医療機器総合機構(PMDA)への委託事業として2008年度にスタート。しかし、相談件数が伸び頭を抱えていたことから、評価者からは「PMDA本来の事業の中でできるのではないか」などの意見が出ていた。


ベンチャー企業の治験相談「直ちに廃止」と結論-厚労省行政事業レビュー
未収金対策事業「そもそも論から考える」―長浜厚労副大臣
「医薬気品?医療機器の安全対策の推進」に今年度予算の2倍超―医薬食気品局概算注文
医師確保など補助金の仕分け「現場にもプラス」-民主?行政刷新WG
「診療収入の配分」の再仕分けで厚労省からヒアリング―民主?行政刷新WG

未収金対策事業に評価の声―民主?行政刷新WG[??:内容2]

未収金対策事業に評価の声―民主?行政刷新WG[??:内容3]

未収金対策事業に評価の声―民主?行政刷新WG[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。