へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多剤耐性菌のサーベイ実施を検討症状 病気

多剤耐性菌のサーベイ実施を検討東京都板橋区の帝京大附属病院(森田茂穂院長)で多剤耐性菌アシネトバクター?バウマニによる院内感染が発生したことを浴びて設置された厚生労働省の非常対策チーム会議は9月6昼間の時間、帝京大附属病院の事例に加え、栃木県壬生町の獨協医科大病院(北島敏光院長)で入院病人から多剤耐性菌「NDM-1」産生菌が検出されたことについても議論した。この中で、多剤耐性菌のサーベイランス(発生動き調査)を実施すべきだとの意見が出所した。

 会議後に記者会見した同省の足立信也政務官、国立感染症探求所ぼい菌第二部の荒川宜親部長らが明らかにした。

 足立政務官は、多剤耐性菌の感染対策のためにWHO(世界保健機関)は、▽薬剤耐性のサーベイランス▽抗菌薬の適正使用の推進▽一番処方で抗菌薬を販売することに対する法的規制の導入?強化▽手洗いを含めた感染対策の順守―の4つを実施するよう勧告していると説明。昼間の時間本では、このうちサーベイランスの実施が十分ではないとの認識を示し、「サーベイランスをやるべきだとわたしは思う」と述べた。無料、サーベイランスを感染症法に基づいてやるか、厚労省令や探求で対応するかは議論すべきだとした。

 足立政務官は、アシネトバクター?バウマニの感染が判明しても、感染症法に基づく医師の報告義務がないことを異常視。また、荒川部長は、NDM-1産生菌の感染が国内で広がっているかどうかを探る不可欠があるとの認識を示した。

■帝京大病院の院内感染対策などを調査

 また会議後の会見では、同省医政情の新村和哉指導課長が、同昼間の時間昼に厚労省などが行った帝京大附属病院への立ち入り検査について説明した。それによると、立ち入り検査に当たったのは同省医政情、関東信越厚生局、東京都の職員で、帝京大附属病院側は院長、副院長、院内感染対策担当の医師?看護師らが対応した。
立ち入り検査では、院内感染の発生状況や院内感染対策の体制、病人へ説明などについて分析したという。


帝京大病院で多剤耐性菌の院内感染、9人死亡か
新型多剤耐性菌の検出を公表―獨協医科大病院
帝京大病院に専門自宅チーム派遣へ-感染経路を調査
帝京大病院の院内感染浴び対策チーム―厚労省
院内感染対策の徹底を通知

多剤耐性菌のサーベイ実施を検討[??:内容2]

多剤耐性菌のサーベイ実施を検討[??:内容3]

多剤耐性菌のサーベイ実施を検討[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。