へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 出鶏冠前、元家内の矢田亜希坊主さん気遣う 押尾被告公判症状 病気

 出鶏冠前、元家内の矢田亜希坊主さん気遣う 押尾被告公判(7)

 《保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元役者、押尾学被告(32)に合成麻薬MDMAを渡したとして、麻薬取締法違反罪で懲役1年の実刑判決が確定した押尾被告の友達、泉田勇介受刑者(32)に対する検察側の証人尋問が許す。飲食店従業員、田中香織さん=当場合(30)=がMDMAを飲んで容体が急変し、その後、別の部屋に移動した際の経過などを男性検察官が質問していく》

[フォト]矢田亜希坊主、涙の会見「薬物とは縁がないの人だと思っていた」

 《検察官は、証言台の前に腰掛ける泉田受刑者の右横すぐ目と鼻の先に立ち、ときたま詳細を聞き返しながら質問していく。泉田受刑者は小さな声ながら明瞭にと報いていった》

 検察官「??さん(法廷では本名)が119順番通報した後、あなたは救急隊に居合わせましたか」

 証人「居合発言させていません。押尾が上の部屋(に足を運ぶ)と言ったので…」

 《??さんとは、押尾被告の友達で、初老の女性で仲間内では先輩格だったとされ、田中さんが倒れて、慌てふためいる押尾被告らを一喝し、すぐに119順番通報したとされる人物だ》

 検察官「上の部屋にはどういう手立てで行きましたか」

 証人「押尾が先に出て、私と(元チーフマネジャー)□□(法廷では本名)が引き続いて緊急階段をついて行きました」

 検察官「エレベーターを使わなかったのは?」

 証人「なぜ緊急階段なのかは本人に言ったと思いますが、『筋トレだ』とかよく分からない事情を言っていました。ともかく焦っているような感じで、23階を一刻も早く離れたいという感じでした」

 《六本木ヒルズの23階で、田中さんは容体が激変した》

 検察官「23階から42階というとかなりの運動量ですが、ずっと休まずに?」

 証人「途中、□□が後をついてこないのに気づいて押尾に言ったところ、押尾が電話をしたか、□□が電話をしたか忘れましたが、その途中、押尾からプラスチックのボトルを渡されました」

 《押尾被告と田中さんが摂取したMDMAが入っていたとされる、プラスチックボトルの形状について検察官がくわしく質問していく》

 検察官「渡されたボトルの形は?」

 証人「プラスチック製の白いボトルだったように思います」

 検察官「何かの気品物にたとえると?」

 証人「大量に入っているガムの容器に近いものだと思います」

 検察官「中身は何だと思いましたか」

 証人「使った薬物の残りが入っているのだと思いました」

 検察官「被告は薬物と表現しましたか」

 証人「『これなんだよね』と言いました」

 検察官「『これなんだよね』と言われてどう思いましたか」

 証人「MDMAの残りだと思い、浴び取りました。処分してほしいということだと思いました」

 《ここで検察官は、MDMA入りのボトルを渡された経過とその事情について、再度証人に問い無料す。押尾被告は、弁護人の方に耳打ちしたり、メモを取ったりしている》

 検察官「大切なことなのでとっくに一回聞きます。23階から42階に向かう緊急階段でプラスチックボトルを浴び取りましたね?」

 証人「はい」

 検察官「押尾被告から『これなんだよね』と言われましたね?」

 証人「はい」

 検察官「『薬物が入っているから処分してくれ』と哀願されているとあなたは睨んだんですね?」

 証人「はい」

 検察官「42階に入ってからのことを聞きます。部屋のどこでプラスチックボトルを開けましたか」

 証人「(42階の知り合いの)部屋のお手洗いです」

 検察官「せっかくお手洗いで?」

 証人「これは私の推測ですが、△△と□□の前では知られたくなかったのかもしれないので、□□がベランダに出ているすきに、お手洗いにボトルから出した薬物を持っていきました」

 《△△氏は押尾被告の元マネジャーで、押尾被告から、罪を着せられようとしたとされる》

 《検察官は、お手洗いで泉田受刑者が見詰めた薬物の形態について改入れ確かめた》

 検察官「お手洗いで見詰めたのはびりな薬物だったか覚えていますか。何をまず見ましたか」

 証人「パケ(袋)の中に、真っ白いカプセルと、透明なカプセルに私が譲り渡したMDMAをすりつぶしたようなものが引かれたもの、それが6個ありました。それととっくに一つパケがありました」

 検察官「話を整理します。パケが2つあり、1つのパケにはMDMAの粉末が入っているように見えたんですね? とっくに一つのパケにはカプセルが6つぐらい入っていたんですね?」

 証人「はい」

 検察官「可能性は?」

 証人「五分五分だったと。透明なのが3つぐらいか、白っぽいのが3つぐらいだったと思います」

 検察官「透明なのは、当昼間の場合間あなたが買ったもので中身は(昨年)7月31昼間の場合間に渡したMDMAをすりつぶしたものに見えたんですね?」

 証人「はい」

 検察官「パケの大きさはタバコの箱を一回り小さくしたものですか?」

 証人「はい」

 《検察官は実際にタバコの箱を取り出しながら質問した。引き続いて、証人が薬物をお手洗いなどで処分した手立てを質問していく》

 検察官「どのように処分したんですか」

 証人「その場では空のカプセルを処分し無料けで、預けられた薬物を処分したのは、ゴミ捨て場です。袋ごとビニール袋に入れて捨てました」

 検察官「42階のお手洗いではカプセルだけを処分したんですね?」

 証人「はい」

 《泉田受刑者はカプセルだけをお手洗いに流して処分したという》

 検察官「なぜ薬物を流さなかったんですか」

 証人「薬物を流そうとも考えましたが、人の自宅だし、お手洗いに処分するのは乗り気がしなかったのでお手洗いにはカプセルだけを流しました」

 検察官「いずれ部屋が捜査の対象になったとき、薬物がどこかに引っかかって検出されるとかも考えましたか」

 証人「それもあります」

 検察官「押尾被告に『体から薬物とか悪いものを除去するものはないか?』と聞かれて、実際に手配したのですか」

 証人「そういったものは手配しませんが、知っている人間に電話を入れて、落ち着かせる薬を手配してもらいました」

 《薬物を除去するような工面のいい薬は当たり前ながら、存在しないようだ》

 《その後、42階の部屋を離れた押尾被告と泉田受刑者が、東京?錦糸町のホテルに移動した後のことに検察官の質問が移った》

 検察官「押尾被告の持ち運び電話に警察署から電話がありましたね?」

 証人「(押尾被告は)電話が鳴っているのには気づいていましたが、ナンバーが警察からとは気づいていなかったので、私が知らせました」

 検察官「警察署からと気づいてからどういう動作をしていましたか」

 証人「『なんて言えばいいかわからないし、やばい、やばい』と言っていました」

 検察官「そこであなたは被告から相談されましたね」

 証人「はい。『メールを入れちゃってるんだけど、やばい、何て言えば』と言われたので、『何が?』と話したら、『女の坊主にメールを入れてしまっている』と。『内容は?』と聞くと、『“来たら欲しい?”とメールを入れている』と」

 検察官「どう被告に提案しましたか」

 証人「自分は何も答えないでいたら、押尾は『俺って変態だから、俺のチンコが欲しいっていう意風味と言えば良いよね。それしかないもんね』と自分を納得させるようなことを言っていました」

 《メールの意図を隠蔽する証人と押尾被告のやりとりは、すでに検察側の冒鶏冠陳述でも明かされており、卑猥(ひわい)な言葉にも、法廷の大気の層に変化はない》

 検察官「田中さんの容体の変化についても言っていましたか」

 証人「はい。初めに表情がおかしくなり、宙を見て、一順番いものをにらみつけて大きい声でけんかをし出しました。歯を食いしばったりしてそのうちに顔色もおかしくなり、白目をむいてけいれんして、泡を吹いたと聞かされました」

 検察官「それから被告は自分で警察署に出鶏冠すると言ってあなたと別れましたが、別れ際には何か言っていましたか」

 証人「『アッコのことよろしくお願いする』と言われました」

 検察官「アッコとは当場合の被告の奥さんのことですか」

 証人「はい」

 《押尾被告は、当場合の自宅内で女優、矢田亜希坊主さんのことを出鶏冠前、気遣っていたようだ》

 検察官「先ほどから話を聞いていると、被告と仲が良かったようですが、あなたは逮捕されたときはMDMAを被告に譲り渡したのは否定していましたが、なぜ認めたのですか」

 証人「確実な物証がなかったのが一順番の事情です。あとは、人が死んだので、真っ直ぐは関係なくても、そのことの重さというか、私なりの責任の取り方というか、そのために見詰めたことを告白するのが責任の取り方と考えました」

 証人「後は、本人にちゃんと罪を認入れもらって、償ってもらうためにも聞いたことをちゃんと話さなければと睨んだのが、認めようと睨んだ事情です」

 検察官「被告に対する不愉快や怒り、ねたみから話したのではないのですね?」

 証人「初めはなぜ自分が捕まるのか?などと思いましたが、今思うのは、私を含入れ今回の裁判で証人として証言している人たちが、どういう思いで証言しているのか押尾には把握してもらいたいし、田中さんとか遺族のことを思うつもりなら、きっぱりと認入れ責任を奪ってもらいたいと睨んだからです」

 検察官「ちなみに、あなたは犯罪暦の関係から、認入れしまえば確実に刑務所に足を運ぶことに入るわけで、被告に合発言させて認入れいなければ、刑務所に行かなかったかもしれないわけですが、例えば検察官や警察官から、『認めれば、仮釈放してやる』とか言われたわけではないんですね」

 証人「そういうことはありません。苦渋の選択でした」

 検察官「万事休すます」

 《山口裕之裁判長が休廷を告げた。約1場合間半の一休み後、午後1場合半から再開される。午後は弁護人の逆尋問が行われる計画だ》

 =(8)に許す



「死んじゃった」 提案された2つの隠蔽“ストーリー”とは?
田中さん言ってた「押尾は性癖が変」 薬物SEX向こうも赤裸々証言
押尾被告、暴かれた「ブランクの3場合間」 卑怯な隠蔽工作
矢田亜希坊主、MDMA譲渡の男「2度会った」
押尾、米国での復帰画策 芸能界に未練てくさん…

 出鶏冠前、元家内の矢田亜希坊主さん気遣う 押尾被告公判[??:内容2]

 出鶏冠前、元家内の矢田亜希坊主さん気遣う 押尾被告公判[??:内容3]

 出鶏冠前、元家内の矢田亜希坊主さん気遣う 押尾被告公判[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。