へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で新耐性菌…抗生物質乱用で症状 病気

中国で新耐性菌…抗生物質乱用で中国工程院院士の鐘南山氏は、ほとんどの抗生物質が効かない遺伝坊主「NDM1」を有する新耐性菌が、中国では極入れ簡単に広まる恐れがあるとの見方を示した。抗生物質の乱用が大きな異常という。チャイナネットが報じた。

 新耐性菌はインドや東南アジアで感染例が目立ち上がるようになり、昼間の時間本でも独協医大病院(栃木県壬生町)が6昼間の時間、2009年4月から10月まで同病院に入院していた病人から検出されたと公表した。

 鐘氏は、「抗生物質が効かない菌は往々にして、人々が抗生物質を使いすぎることで発生する」と指摘した。鐘氏によると、中国では規模な大きな病院で使われる薬の、半分程度が抗生物質。しかも、ウイルス性で抗生物質では効果がないインフルエンザなどにも、抗生物質が処方されることが多い。また、農業や漁業などの産業でも、抗生物質が大量に使われていることも、新耐性菌が拡散する素地になっている。

 鐘氏は、中国では1年当たり21万トンの抗生物質が生産されており、1人当たりの消費量は米国人の約10倍と指摘。「果たして抗生物質が不可欠なケースは、現在の消費量の20%以下。80%以上は乱用」との考えを示した。

**********

◆解説◆
 抗生物質は、微生物の増殖を抑制する物質。史上初の抗生物質として1929年に発見されたのはアオカビから抽出されたペニシリンで、ブドウ球菌などへの効果が証明された。1943年に発見されたストレプトマイシンは、結核治していますに「革命」をもたらした。

 一方、生物と非生物の境界界にある、極入れ小さな病原体であるウイルスに、抗生物質は効果がない。鐘南山氏は、中国では大病院でもウイルスによる感染症に対して抗生物質が処方されていると指摘した。

 中国ではかつて、医師の処方がなくとも抗生物質が市販されており、ウイルス性のSARS(新型肺炎)が流行した2002-03年にも、抗生物質が爆発的に売れた。(編集担当:如月隼人)


スーパー病原菌が中国を襲う―「素人」の抗生物質乱用で
政府が薬気品の副作用で用心を喚起、「中国では発生多い」
にきび治していますの飲み薬で幻覚症状、自殺者も…中国当局が用心喚起
中国人の半数が「結核の保菌者」、抗生物質効かない耐性菌増加
中国で副作用1万7000人―抗生物質クリンダマイシン

中国で新耐性菌…抗生物質乱用で[??:内容2]

中国で新耐性菌…抗生物質乱用で[??:内容3]

中国で新耐性菌…抗生物質乱用で[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。